[韓国旅行ベスト2] 韓国旅行-5大都市巡り「ソウル・水原・瑞山・公州/扶余巡り」3泊4日

韓国孝旅行5大都市巡り「ソウル・水原・瑞山・公州/扶余巡り」3泊4日

ツアー内容
韓国旅行を企画している方に、今回は特別な親孝行旅行&ソウルベスト旅行をご紹介させていただきます。親が歩ける内に特別な思い出の旅行に一緒に行きたいと思っても忙しい社会生活で、なんとなく怠ける行動で、なかなか行動に出せず終わる場合が多いです。もう、遅れたくない気持ちいっぱいの方にご両親と旅行が楽しめる旅行を企画させていただきますので、ご関心の方はお問い合わせください。また、ご本人はどうしても時間が合わなく、親だけでも旅行に行かせたいが、ご心配と安心できる韓国の現地旅行社が探せなく困っている方に弊社ツアーをお勧めいたします。ゆっくりソウルとソウル近郊の水原を楽しめるツアーで、ソウルでは朝鮮王朝歴代の国王と王妃を祭る祭礼空間の「宗廟」、朝鮮王朝の王室生活の文化空間で、朝鮮時代の造園芸術が集約されたすばらしい庭の秘苑がみられる「昌徳宮」、人間国宝の伝統音楽と舞踏・高級韓定食が楽しめる「コリアハウス」、360度のソウル市内の夜景を満喫できる「ソウルタワー」、古い歴史を誇る韓国最大の総合市場「南大門市場」、ソウルで一番の韓国らしさを味わえる街「仁寺洞」、水原では朝鮮時代に平城と山城の長所をあわせて築きあげた「水原華城」、朝鮮時代の人々の風習や生活が生き生きと再現され、村全体が生きた博物館「韓国民族村」をご案内させていただきます。
ソウル


南大門市場
衣料品・アクセサリー・食料品・メガネ・食器・皮革製品・玩具・チマチョゴリ・高麗人参・マツタケなどなど、 約1700種類のお店が、250件ほどひしめき合っており、古い歴史を誇る韓国最大の卸売りメイン の総合市場になっています。24時間賑わうことで、「眠らない街ソウル」といわれる所以の一つでもある名所です。毎日100万人近く訪れる一般庶民のリアルな生活の表情を見ることができます!


コリアハウス
韓国固有の伝統生活文化を知らせるため1957年オープン。コリアハウスをご訪問する外国人には、韓国の伝統家屋と生活空間、優れた手工芸家具、 手工芸品、民族音楽、伝統舞踊などの韓国的な美を一つの場所にて味わえます。韓国の文化、 音楽、生活様式など興味がある外国人の為に、コリアハウスは短い訪問の際であっても大事な 体験の場となります。一品一品丁寧に造られた韓国ならではの韓定食を賞味しながら,人間国宝の伝統音楽と舞踏が堪能出来ます。コリアンハウスの民俗劇場では広く快適な施設を提供し(189席)、国内頂上級の伝統舞踊、 国楽公演団の多様な公演を韓国語・英語・日本語で説明を聞きながら観覧できます。韓定食…昔の宮廷料理が庶民的になったもので、日本では懐石料理にあたります。厳選された様々な旬の材料と、優れた調理技術の料理人によって発達・伝承されてきたこの料理は、韓国の美味そのもの。「陰陽五行」に基づいた五味(渋味・甘味・酸味・辛味・苦味)、五色(赤・緑・黄・白・黒)の調和が基本となり、色とりどりの料理が日本の懐石料理と同じように一品一品出て来るのが通常です。


ソウルタワー
ソウルのド真ん中に、標高240mの南山公園があり、公園の山頂に更に高さ243mのソウルタワーがあります。展望室は標高360mで東京タワー(333m)のてっぺんよりも更に高い位置からソウル市内を一望でき、ソウルタワー訪問の必須コースである綺麗なトイレもあり、男女ともに夜景が眺められるようになっています。特に男性用は夜景に向かって用を足しているような気分に浸れます。
面白い質問) 1.ソウルタワーの高さは?
2.タワー頂上にある烽火台の役割?
3.ソウルの人口は?



仁寺洞
官庁や貴族の住居があり、彼らをお得意様としていた高級家具店や工芸店が建ち並んでいたというだけあり、ソウルでは一番の韓国らしさを味わえます。街のメインになる南北1kmの小道には、個性ある工芸雑貨や生活韓服・画廊・陶磁器・刺繍・骨董品・韓紙・伝統茶屋などが、まるでタイムスリップしたかのように建ち並んでいます!初めて訪れた人でもどこか懐かしく、韓国の古き良き時代を感じさせてくれ、優しい雰囲気で出迎えてくれます。伝統茶屋や食堂・カフェなどが存分に堪能できるとあり、訪れた人には大好評で依然大人気のエリア!時間がないご旅行では、ソウル市内で気軽に「韓国らしさ」を感じられる場所となると、やはりこの街は外せない!


昌徳宮
1405年に、朝鮮3代目国王・太宗が景福宮の離宮として建てた宮殿で、韓国唯一の宮の後園の秘苑あり、朝鮮王朝500年の5大宮の中で最も原形をとどめています。 離宮は王が息抜きできるところなので、建物の配置もそれを考えて建てました。景福宮は正殿、政治の場、生活の場が南北一列ですが、昌徳宮は東西に広がるように建てられ、 地形や自然環境を活かした後苑からのびてくる尾根筋に沿って作られました。壬辰倭乱(秀吉の朝鮮征伐)の時に景福宮と共に消失し、破壊、火災等のたびに修復を重ね現在にいたっています。壬辰の乱を免れた木造建築物の敦化門、正殿の仁政殿、大造殿(王妃の寝室)など、昌徳宮の敷地内に13棟、秘苑内に28棟の全41棟の建物が現存し、王宮の荘重さがよく保存されています。宮殿内の「楽善斎」は1847年後宮の処所として建てられ、1989年まで徳恵翁主と李方子女史が生活していたところで日本人観光客の興味を引いています。大造殿の奥には、地形や自然環境を活かした朝鮮時代の造園芸術の粋といわれる韓国の代表的な 建築物である秘苑があります。


宗廟
宗廟は,朝鮮時代の歴代王と王妃,及び追尊された王と王妃の位牌が祭られている霊廟で、敷地内には,宗廟の正殿をはじめ,王室の位牌のうち正殿に入れなかった位牌を祭る別廟である永寧殿,展祀庁,御粛室,香大庁,功臣堂,七祀堂などがあります。 1392年朝鮮王朝を建国した太祖李城桂が1394年、開成からソウルに都を移し景福宮を建てて、翌年の1395年、宮廷の左側にあたる東に宗廟を、右側である西に社稷檀(自然の神を祭るところ)を置かなければならないという儒教の礼法に従って建てました。儒教では人が死ぬと魂と魄に分かれ、見えない精神である魂は天に帰り、肉体である魄は地に帰ると考えられています。それで、魂を祀る祠堂と魄を祀る墓をそれぞれ造って先祖を崇拝しています。亡くなったご先祖の魂のこもった神主を作って祭礼を行い、子孫たちの精神的支えとしたのが「宗廟」なのです。宗廟は祭礼のための建物であるため、すべての建物が節制されたシンプルな技法から成り立っており、構成、  構造、装飾、色彩のいづれもシンプルな美しさを持てます正殿と永寧殿のある廟庭には樹木や草花を一切植えてない反面、囲いの周辺には厳選された特別な樹木を植えました。四方を欝蒼とした幽玄な森に作り上げ廟庭だけが空に続く空間としました。天からの精気を授かり、そこに霊的な力が満ち宿るようにしました。著者のマーク・アーヴィングの『死ぬまでに見たい世界の名建築1001』に韓国の建築物6件の中に世界文化遺産の一つで、歴代王様を祭っている宗廟が含まれています。



水原


水原華城
朝鮮王朝第22代正祖大王が政治の争いに負け、木で作った米びつに閉じ込められ死んだ父の思悼世子に対する親孝行と、強力な王都正治を夢見て建設した親孝行の城郭であり、新都市でもあります。  この城は朝鮮時代最後に築かれたもの(1794年着工、1796年完工)で、文禄・慶長の役・丙子胡乱などの戦乱を通して明らかになった韓国の城の弱点を、学者達が科学的・実用的・効果的に補完し築きました。城の形態は八達山と市内に広がる平城と山城の長所をあわせ持ち、城の間を水原川が流れています。 1997年12月には城全体がユネスコ指定世界文化遺産として登録されています。 参考までに、城郭築城に費やされた資材について言いますと、石材が20万1,400塊・瓦53万枚・レンガ69万5,000枚・木材26,200株などがあり、動員された人員が延べ37万6,343人に達するほどの大工事でした。 また築城時は茶山丁若鏞によって考案された、多くの新素材が使われました。 たとえばそのひとつ挙重器の場合、40斤の力で25,000斤の重さのものを動かしたと言います。 城の形態は八達山と市内に広ガク平城と山城の長所をあわせ持ち、城の間を水原川が流れています。


面白い質問)
・お城の暗門はいつ使う門?
・水原華城の長さは?
・水原華城を築くのに37万6,343人が動員された?




韓国民族村
韓国民俗村は、1976年から敷地と施設物の拡張及び補完工事を行って、約22万坪(726、962㎡)の敷地の上に282棟の各種建築物と付帯施設を備え、約400人の役職員が勤めている世界的なレベルの屋外博物館として、また国際的に知られた観光名所として成長・発展しました。 朝鮮時代の人々の風習や生活が生き生きと再現され、村全体が生きた博物館となっています。また、農楽踊り・綱渡り・板飛び・伝統結婚式などの公演が毎日行われます。こちらを訪ねる方は韓国一のドンドン酒(濁酒)とパジョンと漢方薬のお茶を楽しんでください。
面白い質問)
・朝鮮時代は生まれてから死ぬまで一回も髪を切ってない?
・朝鮮時代は家が火事になったら、一番始めに持っていく物は金でなく本だった?
・朝鮮時代は10歳の男が結婚した?



公州/扶余


武寧王陵
1971年に発掘されたこの古墳は盗掘に遭うことなく保存されていたため、金製耳飾り、王冠、枕(頭、足)などが遺り、梁の武帝から521年に冊封されたときに贈られたと見られる環頭大刀が出土されたことで一躍有名になりました。木棺はコウヤマキで、日本から持ってきたもの、武寧王は、日本書紀によると日本の加唐島(かからじま)で生まれたためシマ王と名付けられたとされています。被葬者は出土した墓誌により百済第25代の武寧王(斯摩王)とその王妃であることが判明しました。 百済は温祚を始祖として660年に滅亡するまで31代の王を数えますが、第25代の王が武寧王(在位501~523年)で、百済の地位を確定し日本の大和政権と国交を結んだのも武寧王といわれています。 武寧王の墓からの出土品の90%は中国や日本からのものでした。墓の様式も中国式です。


定林寺址5層石塔
定林寺は都があったときの扶余の町の中心地にあった寺院で、6世紀中頃に創建されました。百済の滅亡とともに廃滅し、百済時代のものとしては、三尊仏立像や塑像仏が発見され、定林寺址博物館で見ることが出来ます。寺は塔と本堂が一直線になる百済時代の寺の形式で、日本で言う「四天王寺」形式です。定林寺址5層石塔と益山彌勒寺址石塔は百済に残る2つの石塔なので貴重でありも有名です。中央部が丸みをおびた木造建築のエンタシス技法が取り入れられている。塔の一層目には「大唐平百済国碑銘」と彫りつけられた文章がある。百済の滅亡を記念して唐側が彫ったもので、この文章があるために、「平済塔」とも呼ばれています。



白馬江
白馬江は錦江の下流に当たり、川幅が広く、悠々と流れています。母なる河として、百済の文化の源となり、そしてその最後を見守った歴史の川です。百済滅亡直後、各地域から百済復興軍が起こり、鬼室福信を中心として日本に救援を要請し、唐・新羅連合軍と戦って日本と百済連合軍が大敗した白村江の戦いは、663年でした。



皐蘭寺
落花岩の下に位置しており、百済王愛飲の皐蘭薬水と、寺裏の岩壁に自生する皐蘭草が有名です。扶蘇山の北、白馬江との崖の中腹に位置して、百済時代の尼寺の址と言われています。奈良時代に日本から二人の尼僧がこの寺に留学した伝承があり、寺の裏の壁画に描かれています。現在の寺は高麗時代の創建と考えられています。寺の裏の崖には、わき水が出ていて、百済最後の王である義慈王が愛飲し、王は、ここから汲んだ水であることを証明するために、容器の中に、ここでしかとれない羊歯の葉を一枚浮かべるように命じたと言います。それが皐蘭草です。寺の名前もそこから来ています。



百花亭
百済滅亡の際に落花岩の絶壁から多くの宮女が足下の白馬江に飛び込んだ悲劇が起きた場所です。そのとき、スカートが花が開くかのように広がったため、ここを落花岩と言って、その宮女を祀るために1929年に建てられたのが「百花亭」です。



国立扶余博物館
1993年8月に新築された国立扶余博物館は、11,000点以上の貴重な遺物が4つの展示室(先史室・歴史室・仏教美術室・企画展示室)と野外遺物展示場に分けられ展示されています。 これらの遺物は、輝かしい百済文化の粋を物語っていますが、特に1994年に陵山里古墳群近くの建物の跡地で発掘された「百済金銅大香り炉」が永久保存処理過程を経て展示され、国立扶余博物館を一層価値のある場所にしています。また、神仙境や桃園を理想とした百済の人々の心が表された山景紋摶、昌王銘石造舍利龕、金銅観音菩薩立像、七支刀,扶餘陵山里古墳から出土された百濟金銅龍鳳蓬萊山香爐などが展示されています。
面白い質問)
1.仏の国を守ってるのは?
2.韓国に仏教が入ったのは何時?
3.日本に仏教が入ったのは何時?
4.韓国のお坊さんは未だに肉は食べず、結婚もできない?


南宮池
宮殿の南にある池と言う意味で、最初の人工池です。 この池は、百済の武王の出生説話と関係があります。武王の父である法王の侍女であった女が、池の周辺で一人寂しく住んでいましたが、龍神と関係を持ち男の子を産みました。 その子が、新羅真平王の三番目の娘である善花公主と結婚した薯童であり、息子がいなかった法王の後を継いだのがこの武王、まさにこの薯童であったのです。 このような説話は、ここが別宮址であった宮南址が百済王と深い関係がある別宮の蓮池であったことが推測されます。 百済の庭園を研究する上で、重要な資料であると同時に、「日本書紀」に宮南池の造景技術が日本に渡り日本の造景の源流になったと伝えています。





出発曜日

月 / 火 / 水 / 木 / 金(休み)/ 土(休み) / 日
(お勧めの出発日は毎週日~木曜日までです。)


1日目 ソウル
日程 仁川・金浦入国(担当ガイドが到着出口にお迎いに伺います。) 空港→南大門市場→コリアハウス(一番高級のヘリン定食の韓定食+韓国伝統公演)→ソウルタワー→宿泊ホテル
※予定時間:14:00~22:00
宿泊ホテル ソウルホテル(ロッテホテル、新羅ホテル、朝鮮ホテル、イビスアンバサダー明洞、パシフィック、サボイ、ベストウェスタンプレミアホテル国都個人指定は出来ません。)
食事 夕食(一番高級のヘリン定食の韓定食+韓国伝統公演)
2日目 ソウル

 水原
日程 ホテル→水原華城→韓国民族村→瑞山磨崖三尊仏→宿泊ホテル
※予定時間:09:00~20:00
宿泊ホテル 公州(金江観光ホテル)
食事 朝食×、昼食(水原名物の王ガルビ1人前)、夕食(家庭食)
3日目 ソウル
日程 ホテル→武寧王陵→定林寺址5層石塔→皐蘭寺→扶蘇山城→国立扶余博物館(月曜は休館のため南宮池案内)→宿泊ホテル
※予定時間:08:00~20:00
ホテル ソウルホテル
(ロッテホテル、新羅ホテル、朝鮮ホテル、イビスアンバサダー明洞、パシフィック、サボイ、ベストウェスタンプレミアホテル国都個人指定は出来ません。)
食事 朝食×、昼食(ブルゴギサムバプ)、夕食(山菜料理)
4日目 ソウル
日程 ホテル→昌徳宮→宗廟→お土産(ショッピング)→仁川・金浦出国
※予定時間:08:00~16:00
食事 朝食×、昼食(参鶏湯)、(参鶏湯が食べれない場合は石焼ビビンパ+パジョン)
旅行代金詳細・オプション詳細
ツアー料金に含まれるもの:
5泊宿泊ホテル、昼食5回、夕食5回、往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料。
注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上¥110,000、4~6名¥115,000、1~3名¥119,000
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥20,000の追加料金がかかります。
4.一人1部屋ご希望者は3泊分の¥25,000追加になります。
5.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。す。
6.食事は地元の一番美味しい食堂を手配しておりますが、当日の交通関係でメニューと食堂の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
7.三日目の国立扶余博物館は月曜休館、四日目の昌徳宮は月曜休館、宗廟は火曜休館ですので、日程をご参考の上にお申し込みください。
8.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
9.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
10.歩きやすい靴でご参加ください。
キャンセル・返金について
ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。


所要時間
3泊4日
交通手段
バス
出発日時
「月 火 水 木 日」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
仁川・金浦空港お迎え

一般ツアー
 3名以下 119,000 円 119,000 円
 4名以上 115,000 円 115,000 円
 7名以上 110,000 円 110,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.