[韓国旅行.世界の名建築.日帰り] 死ぬまでに見たい世界の名建築韓国編2次地方

死ぬまでに見たい世界の名建築韓国編2次地方

ツアー内容
今回は韓国旅行の特別企画として死ぬまでに見たい世界の名建築韓国編2次(地方)3箇所をご紹介させていただきます。死ぬまでに見たい世界の名建築韓国編で、下段部は石材・上段部はレンガを使って750年に建立された「安東造塔洞五層塼塔」、現存する韓国の最も古い木造建物で、韓国の木工技術が感じられる美しい建築物「浮石寺無量寿殿」は日本の高山寺の義湘と善妙の伝説、義湘に一途な善妙のための善妙閣があります。、16世紀の朝鮮時代の両班が暮らした木造家屋「臨清閣」をご案内させていただきますので、建築・寺院・歴史に興味ある方には特別なご案内させていただきます。
※死ぬまでに見たい世界の名建築韓国編
著者のマーク・アーヴィングの『死ぬまでに見たい世界の名建築1001』に韓国の建築物は6件(文化遺産4件と最新建物2件)が選ばれました。

1次(ソウル近郊)
①宗廟
世界文化遺産の一つで、歴代王様を祭っている宗廟
②MOA建築ギャラリー
坡州ヘイ里のMOA建築ギャラリーは森の中に浮いた小さなこだまの箱のような効果。
③ドゥルニョ出版社
坡州出版都市のドゥルニョ出版社は折りたたまれたスクリーンのような設計で、建物が持つ幾何学的な特性が内面の空間によく反映している。


2次(地方)
④浮石寺無量寿殿
韓国で最も古い木造建物の無量寿殿は韓国の木工技術が感じられる美しい建築物として高く評価
⑤臨清閣
16世紀に両班が暮らした木造家屋
⑥安東造塔洞五層塼塔
750年に建立された安東造塔洞五層塼塔は下段部は石材・上段部はレンガ使用の点を高く評価


浮石寺無量寿殿
韓国で最も古い木造建物の無量寿殿は韓国の木工技術が感じられる美しい建築物として高く評価



安東臨清閣
16世紀に両班が暮らした木造家屋
臨清閣は独立運動家で大韓民国臨時政府の大統領を務めた李相龍等を輩出した儒林名門家の家です。霊山縣監を執り行なった李ジュンが安東の自然の風景の美しさを好み、安東に定着して1515年に建立した建物です。本来臨清閣は一般の私邸で建てられる最大の規模の99軒の豪邸でしたが、 日本が鉄道を通すときに、庭を横切るようにあえて設定して、半分の50軒だけが残るようになりました。また臨清閣の瓦が赤褐色であることは汽車の車輪の酸化鉄のためです。 韓国の両班住宅は、主である主人(男性)のスペースと、奥様(女性)のスペースと、奉公人のスペースに別れています。それを中庭が繋いでいるのですが、特徴は夏の生活スペースである開放的な板の間と、冬の生活スペースであるオンドル部屋が交互に配置されています。臨清閣の離れの精舎である君子亭は、李ジュンの三番目の息子である李ミョンが中宗の時代に建立したもので、鳳停寺の極楽殿と共に壬辰の乱を無事に越えた安東の古い木造建物の中の一つで、歴史的、建築学的な価値が非常に高い建物です。また「臨清閣」という堂号は陶淵明の「帰去来辞」から取ったもので、退渓李滉(1501~1570)の自筆として有名です。1963年1月21日、 臨清閣と君子亭が共に宝物の第182号として指定されました。



安東造塔洞五層塼塔
750年に建立された安東造塔洞五層塼塔の下段部は石材・上段部はレンガ使用の点を高く評価 統一新羅時代の塼塔でお影石の石材とレンガを混用して作った珍しい塔です。韓国の塼塔にはほとんどお影石を混用していますが、この塼塔ではそういう意図がもっと積極的に現われています。基壇は土を押し堅めて用意し、その上に大きさが一定しない花崗岩で5~6段を積んで、1階の塔身を成すようにしました。南側には天蓋(龕室)を掘ってその左右に仁王像を目立つように刻みました。1階の屋根からはレンガで積みましたが、立てる当時の物と見える文様のあるレンガが残っています。2階以上の塔身には2階と4階塔身の南側面に形式的な天蓋が表現されていて,屋根石には安東にある他の塼塔とは違い、瓦がないです。この塔の体感の割合は屋根より塔身まで調和を成すことができなく、1階の塔身の高さが以上に高い点と5階塔身がとても大きいことがそれです。何回も部分的な補修を経る間に創建当時の原型がたくさん変形されたことがわかります



屏山書院
自然と調和した代表的な書院の建築美(道学、文章、徳行、書に名をとどろかせ、嶺南の儒生たちの崇敬をうけた大儒学者として知られる柳雲竜の学問と徳行を追慕するために1613年にこの地方の儒林が建てた書院です。


質問)
1.朝鮮時代の貴族のトイレ&一般庶民のトイレはどう違うか?
2.先輩は泊まる時に東西のどちらの部屋に泊まるか?
3.書院建築と住宅建築の違いは?



出発曜日

月 / 火 / 水 / 木 / 金 / 土 / 日


1日目 日程 ソウル市内(宿泊ホテルへお迎え・出発→安東造塔洞五層塼塔→浮石寺無量寿殿→臨清閣→屏山書院→ソウル市内(宿泊ホテル・明洞入り口にて解散)
* 予定時間:07:00~19:00
旅行代金詳細・オプション詳細
ツアー料金に含まれるもの:
往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料、昼食代。
注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上¥16,500、4~6名¥17,500、1~3名\18,500
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥7,000の追加料金がかかります。
4.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
5.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
6.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
7.歩きやすい靴でご参加ください。
キャンセル・返金について
ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。


所要時間
07:00~19:00
交通手段
バス
出発日時
7時「月 火 水 木 金 土 日」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
宿泊ホテル

一般ツアー
 3名以下 18,500 円 18,500 円
 4名以上 17,500 円 17,500 円
 7名以上 16,500 円 16,500 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.