[韓国旅行.日韓歴史.日帰り] 日本朱子学の父「姜沆」&聖徳太子の師「王仁博士」との出会い

 
日本朱子学の父「姜沆」 & 聖徳太子の師「王仁博士」との出会い

ツアー内容
韓国旅行を企画している方に特別な旅行を紹介させていただきます!徳川家による江戸幕府260年の力になった儒学、日本の儒学の祖である藤原惺と日本朱子学の父と呼ばれる韓国の儒学者姜沆の「内山書院」、百済の大学者で、聖徳太子の師となり、日本の飛鳥文化に大きな影響を与えた王仁博士の「王仁博士遺蹟地」、インドの僧摩羅難陀(マラナンダ)が百済に初めて仏教の寺を開いた「仏甲寺」、韓国料理の味の故郷全羅道、ビンバ発祥の地である全州で料理と韓国の昔の伝統が味わえる「全州韓屋村」を心の温まる旅行へご招待させていただきます。せっかくの韓国旅行の方々に韓国ならでは、弊社ならではの特別な思い出をプレゼントいたします。




内山書院
内山書院は文禄慶長の役のときに捕まれ、日本へ連れて行かれ約3年ぶりに帰って来た姜沆が立てた寺小屋で、現在の私立大学です。以後、大院君の寺小屋撤廃によって高宗 5年に撤廃されたことを近来、新たに建てて全羅南道記念物に指定されました。文禄慶長の役のとき日本へ連れて行かれた<多くの人のうち、姜沆(カン・ハン)を祀ったところで、仏甲寺へ行く途中にあります。姜沆(1567-1618)は慶長の役のときに日本軍が黄海に入ってきたことを知ると、家族を率いて船で脱出を図ったが、2人の兄とともに日本側の軍に捕まってしまいました。その後四国大津城(約1年)、京都伏見城(1年8ヶ月)に移され、密かに当時の国王で、漢城(現在の徳寿宮)に戻ってきていた宣祖に救援を求めたが失敗しまいました。日本にとどまる間、何度の脱出に失敗しながらも日本状況を朝鮮朝廷に知らせようとし, 日本役人たちと特に藤原惺窩(1561-1619)に、李退渓の朱子学、科挙の制度、葬礼などを伝授しました。惺窩の門下には新井白石、雨森芳州などがいます。姜沆は帰国したのち、朝廷の招請をうけたが、敵国に捕虜になったことを恥じて、再度、官職には就かず、隠居して後進の指導につとめました。内山書院は風水的に優れた所にあり、先方に教育空間を用意し、裏側に祭祀空間を用意した前学後廟の配置です。教育空間である講堂は中央に床を置いて両側でオンドル部屋を配置しました。裏側にある内三門を通れば姜沆の位牌を祀っている小さな規模の祠堂があり、左側の書院の裏山には婦人の墓とならんで作られた姜沆の墓があります。



王仁博士遺蹟地
王仁博士遺跡址の正門である百済門(百済人だったので)を入ると、左側に日本から献呈された王仁浄化記念碑があり、右側には展示館があります。また、若かった頃に学問に励んだという洞窟、弟子を教えていたという文山斎や養士斎、王仁博士飲んだ水の聖泉、沐浴をした聖川の川、王仁博士の肖像画と位牌を祀った王仁廟、王仁博士母子像、王仁博士の誕生図,学問傳授図、修学図,渡日図の絵画などが展示されている展示館、霊月館ビジターセンターには王仁塚など日本の王仁博士遺跡地図や百済時代の服装、王仁博士の一生の業績など各種の資料が展示されています。また近くに王仁博士の生まれた村もあります。




仏甲寺
法聖浦に着いたインドの僧摩羅難陀(マラナンダ)は、百済に初めて仏教の寺「仏甲寺」を開きました。この仏甲寺は曹渓宗となっている。百済が滅びて焼失し740年頃再建されたにもかかわらず、慶長の役の戦で70棟も焼失し、唯一残った東屋のみ現在も残されています。百済仏教最初の伽藍であるだけでなく歴史記録に残っている、現存最古の寺刹です。仏甲寺の大雄殿は 18世紀に建立された、1600年寺刹です。仏甲寺が建てられた地域の霊光という地名は宇宙法戒と億万生霊が本来から含んでいる悟りの光という意味で仏教名称です。

※法聖浦は特産物であるいしもちの干物を使った'いしもちの干物定食'の食べ物が有名です。




全羅道食べ物
全羅道は‘韓国一、料理が美味しい‘という評判の地域で、料理がお上手な全羅道女性の中でも全州女性の料理し方、お膳(床)揃い、作る方法などは誉められます。料理の面では嫁として一順位です。全羅道の中でもビビンバ発祥の地全州、ゴチュジャン(唐辛子味噌)の伝統を守っている淳昌の2箇所は特に有名な地域です。全羅道は土が肥えて豊かな穀食と各種海産物, 山菜など他地方に比べて産物が多くて食べ物の種類が多様であり, 食べ物に対する真心が格別でぜいたくな方です。モヤシ育て方と料理法が独特で、コチュジャン(唐辛子味噌), 酒の味がずば抜けます。味は他地方に比べて濃くないようにする方で, 辛味と刺激的な味が著しくて唐辛子粉・塩辛など味付けをたくさん使って保存性がすぐれるのが特徴です。代表的な全羅道食べ物としては全州ビビンバ, モヤシクッパ, 淳昌傳統ゴチュジャン(唐辛子味噌)、ゴマ粥, はまぐりおかゆなどがあります。




全州韓屋村の構成
800棟もの集落がそのまま残って、韓国の昔の伝統が味わえる『全州韓屋村』




慶基殿
1410年、朝鮮王朝の始祖である、李成桂の肖像を奉安するため創建された建物で、中には王朝時代の高官が使った輿などが保存されています。




禅茶園
韓国式家屋の中で伝統お茶を飲める伝統喫茶店。
韓紙工芸体験も可能です。




イ・ジウォン
伝統韓紙工芸家キム・ヘミザ先生の自宅であり作業室でもあるイ・ジウォンは多様な韓紙工芸に出会うことができる。ほとんどの家財道具が韓紙作品で飾られており、韓紙工芸体験も可能です。




漢方文化センター
漢医学と漢方薬学を伝統生活文化と連結して、展示、教育、体験する国内唯一の漢方医学博物館です。こちらで四象体質鑑別・診断、漢方健康年齢測定、漢方医学治療原理、漢方バイオ商品体験などを通して、漢方医学の原理を学ぶことができます。水に漢方薬を混ぜ、足マッサージを受けて体質に合う漢方茶一杯を飲めば疲れた体と心がリラックスできます。 ※四象体質:四象医学で人々を体質的な特性によって分類(太陽人・太陰人・少陽人・少陰人)した用語四象体質診断→体質別薬足湯→漢方茶試飲(9000ウォン)




ソルイェウォン
伝統生活文化教育舘ソル・イェウォンは生活礼儀、茶道礼儀など韓国の伝統生活を体験できる美しい空間です。 韓服(チマチョゴリ)を着てお辞儀の仕方から裁縫工芸、茶菓作り、茶礼、天然染色に至るまで多彩なプログラムがあって青少年と外国人の団体の訪問が絶えない所です。




伝統酒博物館
伝来酒の脈を探して、家ごとに酒をかもした家醸酒の伝統がものさびしく生きている空間で、韓国の伝統酒を展示、販売しながら、韓国固有の酒造方式を学び直接、醸したりもする体験型博物館です。 醸和堂で酒を醸す過程を見学し酒が熟す声と香りに酔ったら誡盈院では礼儀に従ってお酒の飲み方も学べます。




朝鮮最後の皇孫の家である承光齋。
皇室後援会が運営するテーマ生活館、承光斎は朝鮮王朝の最後の皇孫 李錫氏が滞在している所であり、朝鮮王朝の歴史を直接体験できる韓国式家屋生活体験施設だ。ここでは伝統宮中の韓定食と宮中茶礼(茶道)を体験することができる。 薪かまどのオンドル部屋で一晩泊まり、皇孫から直接、皇室のお話を聞けば、遠くにあった歴史上のお話に親近感が湧いてくるでしょう。




韓屋生活体験館
国楽鑑賞、伝統楽器の演奏会、国楽講習、茶礼などの行事が行われ、宿泊施設も完備されていて、普段味わえない韓国の文化が残る部屋で宿泊することもできます。




工芸品展示館
工芸館、ギャラリー、体験館、名匠工芸館、生活工芸店に構成されています。



出発曜日

月 / 火 / 水 / 木 / 金 / 土 / 日


1日目 ソウル市内(宿泊ホテルへお迎え)出発→ 内山書院→王仁博士遺蹟地→仏甲寺→全州韓屋村→ソウル市内(宿泊ホテル解散)
*予定時間:07:00~21:00
旅行代金詳細・オプション詳細
ツアー料金に含まれるもの:往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料、昼食1回。
注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上17,000、4~6名18,500、1~3名20,000
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥5,000の追加料金がかかります。
4.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
5.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
6.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
7.歩きやすい靴でご参加ください。

キャンセル・返金について

ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。





所要時間
7:00~18:00
交通手段
バス
出発日時
7時「月 火 水 木 金 土 日」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
宿泊ホテル

一般ツアー
 3名以下 20,000 円 20,000 円
 4名以上 19,000 円 19,000 円
 7名以上 18,000 円 18,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.