[韓国旅行.日韓歴史.日帰り] 韓国の中の日本旅行「木浦地域の日本時代の建築物+羅州映像テーマパーク」 

 
韓国の中の日本旅行(木浦・羅州映像テーマパーク) 

ツアー内容
韓国旅行を企画している方に特別な旅行を紹介させていただきます!韓国の中の日本旅行は日帝時代に日本人が多く住んでいた韓国4大港町木浦、そして梨で有名な羅州、朱蒙、太王四神記など韓国ドラマ・映画の時代劇撮影で欠かせない韓国最大規模の映像専門テーマパークをご案内させていただきます。まずは日本人住居民が一番多く、穀倉地帯の木浦地域で、韓国の経済を独占する「旧東洋拓殖株式会社木浦支店」、木浦に現存する唯一の日本小学校「旧木浦公立尋常小学校」、木浦に最初に作った日本式仏教寺院「旧東本願寺木浦別院」、內谷萬平が作った「日本庭園」、当時の鏡が原型そのまま残っている「旧日本領事館」、頂上では木浦市と多島海をひと目に眺める「儒達山」、そして羅州、韓国ドラマ・映画の撮影で使う、韓国最大規模の「羅州映像テーマパーク」などご案内させていただきます。 せっかくの韓国旅行の方々に韓国ならでは、弊社ならではの特別な思い出をプレゼントいたします。


木浦地域の日本時代の建築物


1.旧東洋拓殖株式会社木浦支店
日帝時代朝鮮農民の収奪機関だった東洋拓殖株式会社の木浦支店建物です。東洋拓殖株式会社は 1908年日本が韓国の経済を独占するために韓国内に設立した会社で, 木浦市には中央洞に位置しています。解放以後は海軍憲兵司令部でも使われました。今も残っているこの建物の正面入口の太陽文様, 左側上端部の桜文様などは日本を象徴して、神社参りが強要された日帝時代に神社に行って参拜ができない場合はこちらでも参拜するように強要された所です。全羅南道の内唯一のルネサンス式建築様式で、現在は木浦近代歴史観で使われています。展示場には 1920年代木浦の昔の姿をいきいきと見せてくれる資料たちが 1,2階ショールームをいっぱい満たしています。



2.旧木浦公立尋常小学校講堂建物(現、儒達小学校)
1910年に建てた地上 2階の講堂建物は狭いアチ窓, 煙突などが特徴的で、木浦に現存する唯一の日帝時代の小学校建物で当時日本人居住地域に建てられました。木浦には約1万人近い日本人が住んでいました。木浦で有名な日本人は田内千鶴子を演じた日韓合作映画『愛の黙示録』千鶴子は「韓国孤児の母」と呼ばれ、その活動が評価され、1963年、「大韓民国文化勲章国民賞」を授与され、1965年には「木浦市民賞」を受けました。



3.旧東本願寺木浦別院(木浦中央教会)
明治3年元山別院から転任になった佐々木院主によって党宇が建てられました。佐々木は明治27年の日清戦争で台湾征伐の従軍僧として参加し、戦死者の祭礼を行いました。明治29年に渡韓して元山別院にいました。本願寺は木浦で学校を作るなど学校事業で日本人居留民支持を集め大正3年に新築しました。 1930年代初に建てた断層の石造建築物で、木浦に最初に作った日本式仏教寺院で典型的な和式建築様式を現わします。韓国では教会(今の中央教会)に利用されました。




4.內谷萬平が作った日本庭園(現、李勳東庭園)
1930年代に日本人の内谷万平が韓国の書院様式で建てた庭園です。庭園の中に日本式石燈の基本形態が揃え、日本式 5階塔と 7階塔などが配置され、日本式庭園の雰囲気を感じることができます。庭園は入口庭園, 中庭庭園, 林泉庭園, 後園になっていまっす。こちらに植えられた木は韓国の野生種 38種と日本種 37種, 中国種 26種, その他 13種に皆 117種にのぼりますが、本数で見たら日本種が一番おおいです。



5.旧日本領事館(旧木浦市立図書館、現木浦文化院)
1900年12月に完工し、1907年まで日本領事館で使われ、1914年から木浦俯庁舎、1974年から木浦市立図書館、1990年から木浦文化院で使われています。赤い煙瓦を利用した2階のルネサンス様式の建物です。建物の平面は四角い形態で前方の中央に外に飛び出した玄関があって, 内部の床は木でしたが今は人造石に変わっています。大部分の天井はセメントの上にペイント漆をしましたが, 閲覧室の天井は木で飾りました。また各部屋のペチカは大理石で飾って, 当時使った鏡などが原型そのままよく残っています。



その他木浦見る所



儒達山
高さ 228 m、木浦8景の一つで、山は海抜高度が低いが頂上は非常に鋭く奇岩と絶壁が多く景色が秀麗です。頂上では木浦市と多島海をひと目に眺めることができます。大韓民国最初の彫刻公園が儒逹山上り口に作られ、作品100点が展示されています。夜には儒逹山頂上から各峰まで照明を照らし綺麗な夜景を楽しめます。



羅州映像テーマパーク
羅州市公山面新曲里の山裾に敷地面積14万坪で造成された国内最大規模の映像専門テーマパークです。高句麗・百済・新羅の三国時代を背景にしたドラマと映画撮影のためのオープンセットと同時に三国時代民俗村として企画されました。東扶余城、卒本扶余城、鍛冶屋, 市場, 木柵城樓, 草家、太子宮,映像体験, 拓本体験など出来ます。羅州映像テーマパークが一番有名になったのはドラマ朱蒙(ジュモン)の影響で100万人以上尋ねました。その他太王四神記、風の国、イサンなど色んなドラマ・映画がこちらで撮影されました。


出発曜日

月 / 火 / 水 / 木 / 金 /土 / 日


1日目 ソウル市内(宿泊ホテルへお迎え)出発→木浦地域「旧東洋拓殖株式会社木浦支店」、「旧木浦公立尋常小学校」、「旧東本願寺木浦別院」、「內谷萬平が作った日本庭園」、「旧日本領事館」、「儒達山」→羅州地域「羅州映像テーマパーク」→ソウル市内(宿泊ホテル解散)< br/> *予定時間:07:00~20:00
旅行代金詳細・オプション詳細

ツアー料金に含まれるも往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料,昼食1回含む。
注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上17,000、4~6名18,500、1~3名20,000
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥5,000の追加料金がかかります。
4.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
5.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
6.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
7.歩きやすい靴でご参加ください。

キャンセル・返金について

ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。




所要時間
07:00~20:00
交通手段
バス
出発日時
7時「月 火 水 木 金 土 日」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
宿泊ホテル

一般ツアー
 3名以下 20,000 円 20,000 円
 4名以上 19,000 円 19,000 円
 7名以上 18,000 円 18,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.