[韓国旅行.日韓歴史.日帰り] 韓国の中の日本旅行(江景・群山) 

韓国の中の日本旅行(江景・群山)


ツアー内容
韓国旅行を企画している方に特別な旅行を紹介させていただきます!韓国の中の日本旅行は日帝時代に日本人に使われ、現在まで保存状態が良い建物を中心に、なぜ、特定の地域に日本の方が多く住んでいたか?、当時の生活ぶりなどご案内させていただきます。まずは日本人住居民が一番多く、穀倉地帯の群山地域で、ベルギーから赤いレンガを輸入してヨーロッパ様式で建設「旧群山税関庁舎本館」、日本の曹洞宗の僧侶内田仏観僧が錦江禅寺として創建「東国寺大雄殿」、日帝時代に韓国内最大の農場主の熊本によって1920年代に建築「李永春家屋」、群山地域で有名な反物商だった日本人広津が建築「旧広津家屋」. 満ち潮と引潮にあわせて上下に上り下りする浮き橋「浮棧橋」、SF映画撮影場よりもスペクタクルで、家と家の間をとても大きい汽車がぎゅっと「群山京岩洞レール村」、群山地域の代表農場主だったシマタニが 1920年に建てた金庫「シマタニ農場金庫」、群山交通の要衝地「海望堀」.これからは朝鮮3大市場の江景地域で、日本人も通った学校「江景中央初等学校講堂」、韓屋がそのまま教会で使われた「北玉監理教会」、1905年に漢湖農工銀行江景支店として設立「旧韓一銀行江景支店」、南側で一番大きい漢方薬屋「旧南一堂漢方薬屋」.校長私宅は日本伝統様式の急な傾斜の屋根で、, 韓国伝統的な線の趣「旧江景公立商業學校官舍」、日本人によって設計と施工「キム・ヨンウォン家屋」、典型的な日本式住宅「アンゴルガードン」、京城医学専門学校出身の建物「旧湖南病院」.韓国塩辛の故郷で,韓国塩辛の援助「江景塩辛」などご案内させていただきます。 せっかくの韓国旅行の方々に韓国ならでは、弊社ならではの特別な思い出をプレゼントいたします。

群山


1.旧群山税関庁舎本館
正房瀑布は天地淵瀑布、天帝淵瀑布とともに済州島の 3大滝の一つで、韓国に唯一の「水が海に直接落ちる滝」です。昔の中国錦西皇帝の命令で不老草を探しに来た徐福という人が、不老草をなかなか探せず西に帰る途中、正房瀑布の美しさに魅了され正房瀑布絶壁に「徐不過此」という字を刻んだと言います。ここから見る西帰浦の夜景も絶景です。


2.東国寺大雄殿
東国寺は1909年日本の曹洞宗の僧侶内田仏観僧が錦江禅寺として創建、1955年東国寺に名前を変更。大雄殿は日本の江戸時代の高温多湿な日本の建築物の特長を生かした建築様式で、寮舍は母屋を裳階で囲む典型的な日本の様式で、廊下を通じて法堂とトイレ、風呂につながっている。梵鐘は1919年に鋳造されたもので、鋳造者は日本の京都の高橋才治 、銘文には天皇の恩 が全世界に永遠にあるようにという祈願の詩が書かれています。日帝占領期に建設された寺院は東国寺が唯一です。

3.李永春家屋
韓国式、西洋式、日本式が入り混ざった近代的住居様式のこの家屋は日帝時代に韓国内最大の農場主の熊本によって1920年代に建築されました。外部はヨーロッパの型式、平面構造は日本式の重廊下形を基に、洋風の応接間と韓国式のオンドル部屋とを折衷させています。を垣間見ることができる。当時建築費が朝鮮總督府の官邸と同じくらいだったといわれる高級建材を使用している。

4.旧広津家屋
この家屋は日本の植民地時代に群山地域で有名な反物商だった日本人広津が建築した 2階の伝統日本式木造家屋で、広津は大地主が多かった群山地域では珍しく商業で富を積んだ人です。1階にはオンドル部屋, 台所, 食堂, トイレなどがあって 2階には和食たたみ部屋 2がります。

5.浮棧橋(浮き橋)
日本の要請で1905年群山浦口に最初の築港工事が行われ、不規則な海岸を埋め立てて一直線に作ってから浮桟橋を設置して群山内港を造成しました。 浮桟橋は潮の干満の差が大きくて干潟が発達した群山浦口に大型船舶が接岸することができる基盤になりました。 満ち潮と引潮にあわせて上下に上り下りする浮き橋形態で今まで利用されています。


6.群山京岩洞レール村
通称「お化け道路」、名前の通りにお化けが出て、事故の多い道…というわけではありません。 ここは、測量をすると傾斜3度ほどの下り坂ですが、周辺の地形のために上り坂に見える、という神秘の道なんです。 世界でもなかなか体験することの出来ないこの現象、韓国旅行で体験してみませんか? 缶ジュースなど転がせるものを持参すれば、上り坂を自力でどんどん上がる缶ジュース、止めておいたはずの車が坂の上へ上がっていることに出会えるはずです!


7.シマタニ農場金庫
シマタニ金庫は日帝時代の群山地域の代表農場主だったシマタニ・アソヤが 1920年に建てた個人の金庫用の建物です。日帝時代に韓国芸術品を不法収集した人物で、この建物は時シマタニが収集した骨董品を保管した場所でした。建物は3階のコンクリート建物で入口には鉄製金庫門で、 窓は鉄格子と鉄板で二重で閉めるような装置になっています。


8.海望堀
日帝時代に群山港の第3次港の構築工事期間中に旧群山市庁前の道路である中央路と水産業の中心地である海神洞を連結しようと作った、高さ 4.5m, 長さ 131mのトンネルです。当時は人の通行が頻繁で交通の要衝地でした。

江景


1.江景中央初等学校講堂
2009年の100周年記念式には日帝時代にこの学校を通った日本人たちもお尋ねしました。講堂は1937年竣工当時そのままの姿をおさめていて、現在も小学校として使われています。江景中央小学校講堂は煙瓦で壁を逐造し、窓を比較的にたくさん作って採光を容易くしました。


2.江景北玉監理教会
1918年建てられたこの教会は男女有別の儒教風習によって正門に 2個の門を別に作って、女と男の出入りを区分しました。北玉監理教会は韓屋形態の教会で、旧韓国末と日帝時代には韓屋がそのまま教会で使われる場合が多く、神父・牧師が大部分西洋人だったので韓屋に不便さを持つようになり、徐々に西洋式の礼拜堂が建てられ始めました。 このような過程を通じて初期韓屋教会が大部分消滅し, 改築・伸縮されて現存の事例が極めて珍しい状況なので北玉監理教会はその稀少的な価値が高い建物です。



3.旧韓一銀行江景支店
この建物は 1905年に漢湖農工銀行江景支店として設立され,朝鮮殖産銀行江景支店でも使われました。また忠青銀行江景支店に変わりながら江景地域の商圏を代弁する代表的な金融施設で、延べ面積 60坪, 地上1階、西向きで建てられています。現在は塩辛倉庫として使われています。


4.旧南一堂漢方薬屋
1923年に立てた2階建ての木造の韓式建物で日本家屋の影響が加味されました。‘南側で一番大きい漢方薬屋’という意味の南一堂と言う名前のように1920年代忠南と湖南地方で一番大きい規模を誇りました。保有した薬剤が2000種に達した本当に大きい漢方薬屋でした。 1920年代の江景市場の全景の写真に登場する、唯一の現存建物であり, 近代韓屋の盛りだくさんの建築様式をよく見られて近代文化財としての価値が大きいです。伝統韓屋構造が1階建てなのに 2階構造に変貌する過程を見せてくれる建物です。


5.旧江景公立商業學校官舍
江景は朝鮮後期以後から日帝時代まで韓国の3大浦口の中の一つで非常に盛んな地域でした。江景商業高等学校もこのような地域的特性の上で多くの人才を排出しました。江景商業高等学校内に位置した校長私宅は日本伝統様式の急な傾斜の屋根ですが, 韓国伝統的な線の趣を兼ねています。 内部空間の配置は狭くて迷路みたいな廊下に面して多くの室を配置した日本式の配置構成です。


6.キム・ヨンウォン家屋
日本人によって設計と施工が行われたこの建物は建築様式は折衷式住居建物として,白頭山で採取した木地が美麗で纎細な木材を使い、当時としては高級住居の形式を取っています。 外部空間の配置は前庭と裏庭を持って, 前庭は庭園で, 裏庭は彩雲山裾と触れ合って鬱蒼な竹森に成っています。この建物は内部空間の構成と詳細的な表現においては和式住居様式を主な要素でつかっています。


7.アンゴルガードン
典型的な日本式住宅で論山市夫赤面馬具平里 193-1に位置しています。 現在は個人所有の食堂で使われています。1,465坪の大地の上に建築面積158.7坪、延べ面積 217.5坪の地上 2階規模の木造建築物です。日帝時代に竣工されたこの建物は設計及び施工者はいまだに知られたのがないですが、保存状態が良くて近代住居建築の良い資料になっています。

8.旧湖南病院
1914年に開業した湖南病院は京城医学専門学校出身であるチョン・ヨンヘ氏が院長でいた建物で、病室10余個を持っていた当時状況にとしては比較的に大規模の病院施設でした。 以後ホテル施設でも利用され, ひととき湖南ホテルとも呼ばれました。外観の構成は玄関を中心に左右対称で,建物の配置は東向で置いた遁字形を成しています。

※江景塩辛
江景は一言で韓国で一番長年の伝統を持った`韓国塩辛の故郷'で,韓国塩辛の援助と言えます。ているし, 50年以上の塩辛つける秘法を守り、50坪以上の土窟型の大型貯蔵庫を取り揃えてい韓国第一の塩辛市場の名声を守っています。この貯蔵庫は一年中決まった温度(10~15℃)を維持し、営養分がよく保存された状態で1~2年の間で適切に発效させます。江景塩辛(海老の塩辛、ひしこ漬け、太刀魚の塩辛など)はご飯のおかずとしてもキムチの原料または自然調味料として人気ものです。生産者の直接販売なのでスパーよりも30~40%安く購入できます。江景は平壌,大邱と一緒に朝鮮末、全国3大市場で有名だった地域です。盛漁期である3〜6月には一日に100余隻の船が出入りしたし西海で出るいしもち,太刀魚は皆こちらで入荷されました。それで塩辛が発達しました。1899年日本商人の水産物問屋が開設され,1902年に都内で一番先に郵便取り扱い所が入り,1905年には日本人のお子さんたちのための小学校が門を開きました。

日/月/火/水 /木 /金 /土


日程詳細






1日目

ソウル市内(宿泊ホテルへお迎え)出発→群山地域「旧群山税関庁舎本館」、「東国寺大雄殿」、「李永春家屋」、「旧広津家屋」.「浮棧橋」、「群山京岩洞レール村」、「シマタニ農場金庫」、「海望堀」→江景地域「江景中央初等学校講堂」、「北玉監理教会」、「旧韓一銀行江景支店」、「旧南一堂漢方薬屋」.「旧江景公立商業學校官舍」、「キム・ヨンウォン家屋」、「アンゴルガードン」、「江景塩辛」→ソウル市内(宿泊ホテル解散)


旅行代金詳細・オプション詳細
*ツアー料金に含まれるもの:往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料,昼食1回含む。
*注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上¥16,000、4~6名¥17,000、1~3名¥18,000
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥5,000の追加料金がかかります。
4.月曜日は国立扶余博物館が休館のため、大鳥寺をご案内します。
5.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
6.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
7.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
8.歩きやすい靴でご参加ください。

キャンセル・返金について
*ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。







所要時間
交通手段
出発日時
主催会社
集合場所

一般ツアー
 3名以下 18,000 円 18,000 円
 4名以上 17,000 円 17,000 円
 7名以上 16,000 円 16,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.