[韓国旅行.歴史.日帰り] 百済文化探訪(時代を遡る900年古都公州・扶余巡り)ツアー

百済文化探訪(時代を遡る900年古都公州・扶余巡る)ツアー



ツアー内容
韓国旅行を企画している方に、今回は時代を遡る百済時代の900年古都公州・扶余をお勧めいたします。教科書、あるいは本などで見たような、聞いたような百済と日本歴史関係用語、百済、白村江の戦い、百済人亡命と飛鳥文化と奈良文化、飛鳥寺創建、仏像やお経などの仏教の伝来、七支刀、百済人阿直岐(アジキ)や王仁(ワンイン)と経書、論語、千字文(漢字学習書)など聞き慣れている言葉、今日は百済王朝の900年首都だった公州・扶余へご案内させていただきます。せっかく韓国旅行にいらしたからには韓国ならでは、弊社ならではの特別な思い出をプレゼントいたします。

今日ご案内場所は?


百済歴史再現団地(再現される百済の都)
韓国型歴史テーマパークである百済歴史再現団地は扶余郡窺岩面ハプジョン里に建設中です。百済時代の王宮(百済の最後の都だった泗沘城の王宮の復元)と伝統民俗村(百済当時の文化と生活風景をリアルに再現)、陵山里寺院を基礎から建築・色彩に至るまで徹底した考証を経て建設中で、2010年に前半期にオープン予定です。歴史再現村には韓国伝統文化学校・芸術人村・産業交易村・風俗宗教村・開国村・軍事通信村・伝統民俗村も設置され、百済文化と深いつながりを持つ飛鳥文化を活用し、飛鳥文化村もつくられます。百済歴史文化館では模型と映像技法で百済の歴史・文化を総合的に展示しています。出土した遺物を展示している従来型の博物館ではなく、最先端の映像技術や展示媒体を活用して、百済の歴史や生活、精神、伝統を、具体的に目で見える形で提供する総合的な文化館です。王宮のそばには超大型百済木塔の五重塔も建てられました。百済固有の「下仰式」という伝統建築工法も導入されました。この建築法は、中国と日本の古建築から苦労して見つけたもので、百済建築の神髄とされます。







武寧王陵
1971年に発掘されたこの古墳は盗掘に遭うことなく保存されていたため、金製耳飾り、王冠、枕(頭、足)などが遺り、梁の武帝から521年に冊封されたときに贈られたと見られる環頭大刀が出土されたことで一躍有名になりました。木棺はコウヤマキで、日本から持ってきたもの、武寧王は、日本書紀によると日本の加唐島(かからじま)で生まれたためシマ王と名付けられたとされています。被葬者は出土した墓誌により百済第25代の武寧王(斯摩王)とその王妃であることが判明しました。 百済は温祚を始祖として660年に滅亡するまで31代の王を数えますが、第25代の王が武寧王(在位501~523年)で、百済の地位を確定し日本の大和政権と国交を結んだのも武寧王といわれています。 武寧王の墓からの出土品の90%は中国や日本からのものでした。墓の様式も中国式です。

公山城
公山城は公州市にある百済時代(234‐678)の山城。 全長約2.5kmの山城の 散策路に沿って行く道は、まず山城の村の前に供北楼があり、この供北楼から山城に沿って峠を越えると、世祖4年(1458年)に創建されたお寺、霊隠寺につながります。霊隠寺の前には蓮池があり、錦川の景観を望むことができるので、公山城でもっとも美しいところと言われています。 臨流閣は、公山城で最も大きい楼閣として有名です。 歴史と文化において価値があり、美しい錦川周辺の景観と散策路が観光コースとして人気です。

国立公州博物館
1972年、300余坪の陳列室を持つ建物が新築され、武寧王陵から出土した遺物のほとんどを観覧することができる博物館です。武寧王陵の遺物、108種2,906点と500余点の所蔵遺物を合わせて、3,000余点の貴重な遺物が展示されています。博物館は、2つの展示室があり、現在は国宝19点と宝物4点などを含む、多くの遺物が展示されています。 武寧王陵から出土した遺物が展示されており、金でできたベルトや腕輪、青銅の鏡や、実物大の武寧王陵の墓の模型が展示や、王陵内部も見ることができます。

定林寺址5層石塔
定林寺は都があったときの扶余の町の中心地にあった寺院で、6世紀中頃に創建されました。百済の滅亡とともに廃滅し、百済時代のものとしては、三尊仏立像や塑像仏が発見され、定林寺址博物館で見ることが出来ます。寺は塔と本堂が一直線になる百済時代の寺の形式で、日本で言う「四天王寺」形式です。定林寺址5層石塔と益山彌勒寺址石塔は百済に残る2つの石塔なので貴重でありも有名です。中央部が丸みをおびた木造建築のエンタシス技法が取り入れられている。塔の一層目には「大唐平百済国碑銘」と彫りつけられた文章がある。百済の滅亡を記念して唐側が彫ったもので、この文章があるために、「平済塔」とも呼ばれています。


南宮池
宮殿の南にある池と言う意味で、最初の人工池です。 この池は、百済の武王の出生説話と関係があります。武王の父である法王の侍女であった女が、池の周辺で一人寂しく住んでいましたが、龍神と関係を持ち男の子を産みました。 その子が、新羅真平王の三番目の娘である善花公主と結婚した薯童であり、息子がいなかった法王の後を継いだのがこの武王、まさにこの薯童であったのです。 このような説話は、ここが別宮址であった宮南址が百済王と深い関係がある別宮の蓮池であったことが推測されます。 百済の庭園を研究する上で、重要な資料であると同時に、「日本書紀」に宮南池の造景技術が日本に渡り日本の造景の源流になったと伝えています。


扶蘇山城
この城は、泗泚都城を防御する核心施設になっていて、泗泚城とも言われました。城の施設物では東・西・南・北の四ヵ所の門址、及び竿、軍倉址等があります。山城の中には日の入りや月を楽しんだ所「半月楼」、百済滅亡直前の臣下である「成忠」、興首、階伯将軍を祭っている「三忠祠」、百済の王族が日の出を楽しんだ「迎日楼」、炭化米・炭化した麦や豆が大量に発掘された「軍倉」跡、百済時代「送月台」といって王が月を愛でた場所「泗沘楼」などが見られ、日本植民地時代には、ここに扶余神宮の本殿を造る予定で、ある程度の基礎工事は終わっていたそうです。


白馬江
白馬江は錦江の下流に当たり、川幅が広く、悠々と流れています。母なる河として、百済の文化の源となり、そしてその最後を見守った歴史の川です。百済滅亡直後、各地域から百済復興軍が起こり、鬼室福信を中心として日本に救援を要請し、唐・新羅連合軍と戦って日本と百済連合軍が大敗した白村江の戦いは、663年でした。

皐蘭寺
落花岩の下に位置しており、百済王愛飲の皐蘭薬水と、寺裏の岩壁に自生する皐蘭草が有名です。扶蘇山の北、白馬江との崖の中腹に位置して、百済時代の尼寺の址と言われています。奈良時代に日本から二人の尼僧がこの寺に留学した伝承があり、寺の裏の壁画に描かれています。現在の寺は高麗時代の創建と考えられています。寺の裏の崖には、わき水が出ていて、百済最後の王である義慈王が愛飲し、王は、ここから汲んだ水であることを証明するために、容器の中に、ここでしかとれない羊歯の葉を一枚浮かべるように命じたと言います。それが皐蘭草です。寺の名前もそこから来ています。


百花亭
百済滅亡の際に落花岩の絶壁から多くの宮女が足下の白馬江に飛び込んだ悲劇が起きた場所です。そのとき、スカートが花が開くかのように広がったため、ここを落花岩と言って、その宮女を祀るために1929年に建てられたのが「百花亭」です。



国立扶余博物館
1993年8月に新築された国立扶余博物館は、11,000点以上の貴重な遺物が4つの展示室(先史室・歴史室・仏教美術室・企画展示室)と野外遺物展示場に分けられ展示されています。 これらの遺物は、輝かしい百済文化の粋を物語っていますが、特に1994年に陵山里古墳群近くの建物の跡地で発掘された「百済金銅大香り炉」が永久保存処理過程を経て展示され、国立扶余博物館を一層価値のある場所にしています。また、神仙境や桃園を理想とした百済の人々の心が表された山景紋摶、昌王銘石造舍利龕、金銅観音菩薩立像、七支刀,扶餘陵山里古墳から出土された百濟金銅龍鳳蓬萊山香爐などが展示されています。


面白い質問)
1.仏の国を守ってるのは?
2.韓国に仏教が入ったのは何時?
3.日本に仏教が入ったのは何時?
4.韓国のお坊さんは未だに肉は食べず、結婚もできない?

出発曜日

日/月/火/水 /木 /金 /土


日程詳細






1日目

ソウル市内(宿泊ホテルへお迎え)出発→公州宋山里古墳群「武寧王陵」→公山城→定林寺址5階石塔→国立扶余博物館→グドレ船着場→扶余扶蘇山城&白馬江・洛山寺・百花亭・皐蘭寺→グドレ船着場→宮南池→ソウル市内(宿泊ホテル解散)
* 予定時間:07:00~19:00


旅行代金詳細・オプション詳細
*ツアー料金に含まれるもの:往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料、昼食1回。
*注意事項:
1.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
2.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
3.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
4.ツアー料金:ソウル出発 5名以上¥17000、3~4名¥18000、1~2名\20,000
5..国立扶余博物館は月曜日休みで、他の案内場所をごゆっくり案内させていただきます。
6.交通事情によりツアー時間が多少遅延する場合もございます。
7. ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては責任を負いかねます。
8.歩き安い靴でご参加ください。

キャンセル・返金について
*ツアーキャンセル規定:
1・1週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2・前日キャンセルはツアー代金の50%
3・前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。








所要時間
7:00~19:00
交通手段
バス
出発日時
7時「7:00~19:00」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
宿泊ホテル

一般ツアー
 3名以下 18,000 円 18,000 円
 4名以上 17,000 円 17,000 円
 7名以上 16,000 円 16,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.