万海村 만해마을

万海村 만해마을

万海村
海のようにく活動した萬海韓竜雲先生を称えて作った修練場

詩人と同時に仏教の大禅師、民族活動家で日帝強点期の時民族魂を吹き入れた満海韓竜雲先生を称えて作った修練場です。青少年と大学生修練、企業研修、家族休養に相応しい宿泊施設と便宜施設を取り揃えています。主要施設では満海文学博物館(風箱歳月流水人生と肖像画。親筆書道作品・作品集展示)を含めて文人の家, 満海学校, 尋牛荘(尋牛荘とは禅宗の悟り’の境地に至る過程を忘れてしまった牛を尋ねることに比喩した十種遂行段階の中のひとつの自分の本性である牛を尋ねる’と言う尋牛から由来したのです。)、誓願宝殿、ニムの沈黙広場、ニムの沈黙散歩道があります。

雲は韓国仏教の巨星で、1919年の31運動家として、228 立宣言書作成者の33人の中のひとりでした。韓国仏教の指導者として反日運動を行って、また民族主義仏教指導者を養成し仏教改革を推進しました。1897年(高宗16)から1944年に活動した仏教僧侶で、立運動家でもあり、また韓界の詩人でもあり、本名は韓貞玉で、出家後韓雲と名って、雲は僧名で、仏教界においてよく知られ、

「萬海」とも呼ばれました。「萬海」とは海のようにく活動したという意味です。

万海村はヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。



雲について
雲はの儒が盛んになった忠南道洪城郡という田で生まれ、6の時から儒び、幼い頃から漢者から漢詩と作文を習い、儒究しました。16の時仏教に入り僧侶に、27の時に百澤寺に入り、八万大蔵経を翻訳・ロシア語で仏教書籍を行し、他に布することに力を注ぎました。

日韓合後、彼の最も有名な書物である『朝鮮仏教維新論』を刊し、朝鮮仏教界に改革を呼びかけました。1918年には日本を訪問して6ヶ月間東京や京都など各地を巡回し、日本統治下の朝鮮民族の遇問題などで、東京YMCAの朝鮮立運動に加し、1919228日の「朝鮮立万」運動の立宣言書作成者の起人33人の一人でした。起人にはキリスト指導者が16人、仏教界の指導者が2人、天道15人含まれています。31運動に加した罪で3年間獄中生活をし、日本警察の監視下に文壇生活に、出獄後の1926年(47)に詩集「二ムの沈の沈)」を表しました。「二ムの沈」には88編の詩が収録されていますが、大体の容は民族立精神のもので、執筆生活をしながら49には新幹を結成し、日本帝主義と正面にいを展開しました。雲は文人としてまた政治家として活動しましたが、194459日、1945815日の朝鮮解放日の1年前に死にました。


独立宣言書について

己未 独立宣言書


吾等(오등)()() 朝鮮(조선) 獨立國(독립국)임과 朝鮮人(조선인) 自主民(자주민)임을 宣言( )하노라. ()로써 世界萬邦(세계만방)()하야 人類平等(인류평등) 大義(대의) 克明(극명)하며, ()로써 子孫萬代(자손만대)()하야 民族自存(민족자존) 正權(정권) 永有(영유) 하노라.
われらはここにわが朝鮮であることおよび朝鮮人自由民であることを宣言するこれをもって世界万邦に告げ、人類平等の大義を克明し、これをもって子孫万代におしえ、民族自存の正なる利を永遠に有せしむものである。

半萬年( 만년) (역사) 權威(권위)()하야() 宣言(선언)함이며, 二千萬(이천만) 民衆(민중) 誠忠(성충)()하야() 佈明(


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.