晩休亭 만휴정

晩休亭 만휴정

晩休亭
晩年の休息所

この建物は宝白堂 金係行の亭子()で、1500(燕山君 6)に建立しました。

先生は朝鮮初の文臣で多くの官職を歴任して燕山君暴政に会うと官職を捨てて故郷の土で都落ちしました。その後、静かな場所を尋ね、瀧を伴った谷澗水が流れる絶景を成す所に亭子()を建立し、名前とおり晩年の休息所として87歳までここで過ごしました。

正面3, 側面2間になった亭子の前面側 3間は三面が開放された樓形式の(部屋・床より高く)で樓閣周り三面には鶏子脚欄干を回しました。

默溪書院から晩休亭に至る道はされた安東徒旅行道3選’の中で最高です。他の二つの道は山書院から河回村の火山を引きぐ道で、もう一つは陶山書院から洛東江に沿って凉寺を引きぐ道です。

安東ダムを切って国内で一番長い木柵人渡橋で知られた月映橋の中にも亭子()があります。長さ 387m、幅3.6mである 月映橋ん中に月映亭を抱いています。安東が生んだ寒流スタリュシウォンの故郷を尋ねた日本人ファンたちの写真撮影場所でも有名です。

晩休亭はヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。



関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.