城楽苑 성락원

城楽苑 성락원


ソウル唯一の朝鮮時代民家の庭園

ソウル特別市城北区城北洞にある朝鮮高宗の息子義親王()35年間住んだ離宮の庭園で、

朝鮮時代民家の造苑ではソウルに残った唯一のものです。
朝鮮哲宗の時の吏曹判書(
)を過ごした沈相応の別荘を義親王が離宮で使った所で、空間構成は二つの谷間から流れた流が一つに合流される双流洞天と橋を渡れば中の庭園が見えないように人造山を作った竜頭仮山がある前苑、本斎樓閣・影碧池と滝がある生活・修学・修養の機能をする空間である内苑, 松石と池がある後苑の空間など自然地形によって造苑された三つの空間区域で分けられています。池に映る影は空間の深みを加え、松石亭は美しさを加え、ソンビ(善良で学識ある人)場で使われました
水の中の岩壁に行書体(漢文書体の一つとして楷書と草書の中間書体でさっとが太くて字面が
く見えて可性は良くないですが、美的な感は比較的良いです)で刻んだ流洞天’と言う字は城楽苑の地脈を保護する意味もあります。竜頭仮山には樹令200300年のを含めてけやき松などが鬱蒼な森を成し、頭加算を入って行けばい芝生があり、その東の高い所には瓦の家があります。

西の岩壁に‘檣氷家 阮堂’と刻んだ字は秋史 金正喜の物で、檣氷家とは冬に氷柱がぶら下げられた家と言う意味です。影碧池の刻字上の岩に篆書体(篆字模様で書く書体)で書かれたもう一つの刻字がいて、原文は明月松間照 青泉石上流 青山数畳吾愛吾廬 (明るい月は松の間に映って清い泉水は石の上に流れながら青い山が何重包まれて私は私の農幕を愛する).”刻まれています。

城楽苑はヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。

関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.