光化門アートホール 광화문 아트홀

光化門アートホール 광화문 아트홀

光化門アートホール
本当に見なければ後悔する公演<パン>

ソウル市鍾路区社稷洞に位置し、サムルノリ、パンソリ、タルチュム(仮面舞)、民謡など伝統公演観覧可能で、伝統演戯公演を見られ、体験プログラムが用意された韓国最初の専用小劇場です。子供とご両親が一緒に楽しんで学習することができる空間で、出演陣たちの実力も韓国最高の実力です。現在公演中のキム・トッス先生が監督した公演の<パン>という作品は伝統演戯のハイライト場面と演戯要素を集めてよく混ぜたビビムバブみたいな公演です。

キム・トッス先生が監督した公演の‘パン’について
キム・トッス先生が監督した公演の<パン>は国楽のさまざまな種類をを一つの‘パン(多くの人が集まる広場を意味)’で味わうように構成されています。各公演間間がへだたったように見えるとか、退屈なひまなしによく編まれていて自然に落ちこみます。
.祝願 - ギルノリで始める公演は観客たちに福を持って来てくれる祝願の巫祭で始め、伝統巫俗の調子と長短を味わうことができます。
2.
一鼓和楽(イルゴファラク) - 全体公演の中で一番人気で、感動的。太鼓と多様な鼓だけで韓国的な響き(リズム)を作り上げます。

3.沈清(シムチョン)パンソリで、シムボンサが目覚める部分の音を観客と一緒に編んで行きます。
沈清歌は孝行娘、沈清(シムチョン)が身体まで投げ売って、最後は盲目の父(シムボンサ)の目を見えるようにすると言う悲劇的な孝行物語です。

4.農楽サムルノリ(四物遊び)で三道農楽の調子を見せてくれます。太鼓、鉦、銅鑼など盛りだくさんの打楽器が一団となって楽しい音を作り上げるもう一つの魅力があります。
サムルノリ(四物遊び)の構成
ケンガリ()の音は雷を表し、音
をリドします。
②チン(
銅鑼)というのは太陽の形で風の音を表し、音全体にふくらみをもたせてくれます。
③チャング()というのは雨の音を表し、いろんな技術的な演奏方法があります。
④プク()は雲の音を表します。
5.
喜怒哀楽 - ハン五百年, 船歌など…、農楽で盛り上がった雰囲気を一度おさめる感じ。
6.
パンノルム - 農楽と芸人たちが調和して一戦素敵に遊んで見る大きいパンで公演を仕上げます。
何の言葉必要なく、本当に見なければ後悔する公演で、まだ見なかったら必ず見てほしい公演と評価されています。

光化門アートホールはぺヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。



関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.