嘉会洞北村韓屋村 가회동 한옥마을

嘉会洞北村韓屋村 가회동 한옥마을

嘉会洞北村韓屋村
“韓屋は科学的で、曲線の美が美しく、自然に逆らわない自然の一部ながら精神が豊かになる家”

北村韓屋村を一週してみると多くの所で韓屋の古風の美しい姿態にたっぷり落ちこむようになります。.

一日が違うように湧き出る現代式建物の中でソウルに韓屋村がある自体がソウルの歴史性を見せる貴い文化遺産である同時に大きな喜びに違いません。韓屋は通風がよくなって健康にも非常に良い住居形態で評価を受けています。北村韓屋村は路地の下で見た姿と上から見下ろした姿が全く違う感じを与えます。特にソウル市が去年から北村韓屋村の美しさと横町をくまなく楽しむように用意された8ヶ所の地域‘北村8景’を選定し、多くのソウル市民に愛用されています。
北村8景に対して
北村1
朝鮮時代宮殿一つで世界文化遺産でもある昌宮の美しい全景が見られる場所が北村1景。
北村2
昌慶宮でくという人が住んだ所で時の宮廷人の控え目な行動が見えるような宮中飲食究院の前が北村2景。
北村3
韓尚洙刺繍博物館と
嘉会博物館の建物周辺の路地が美しい道で北村3景。

北村4
韓屋密集地域である嘉会洞 31番地 一帯の韓屋全景を上から見下ろす美しい眺めで有名な北村4景。

北村5
北村で特にすぐれた韓屋がよく保存されている嘉31番地の路地は両側の並んでいる軒の線が美しく、北村路地の中で一番美しいです。

北村6
昔と現代が共存する美しい路地で、遠くソウルタワーまでもみえます。
北村7
韓屋がえる落ち着く心と小さな余裕に出会える素朴な路地。
北村8

格好く見える自然石の階段ですが、朝鮮600年の月の重みを感じらせる階段がある道。


韓屋の最大の特徴
・風水を取り入れ、木や土、土、石などの環境に優しい自然の素材を使って、自然に逆らわない構造と
 配置で家を建てます。
・韓
特な住居方式である暖房のためである「オンドル(床暖房)」と、韓屋の主要な素材となっている
 「
土」、冷房のための「床:テチョンマル(大庁:)」によって、春、夏、秋、冬の
 四季折
化に合わせ、度や湿度を調節することができます。
 オンドルの構造は台所と部屋の外に焚き口を作り、下で火を焚くと煙がオンドルの下を通りながら暖かく
 暖まります。大陸性気候と海洋性気候が共存する韓半島の暑さと寒さを同時に解決するための韓国の
 独特の住居形式です。
・屋根の裾が空に向かっている曲線の美、自然と調和した韓屋は全体的に曲線美が流れ芸術的で、各空間
 において四季折
の風景をしめる工夫も所でされています。

韓屋の構造
・サランバン(舍廊チェ:主人の居間で、書斎や応接間として使われた交流の空間)
・テチョンマル(大庁:
)
・マダン(庭)
台所
・母屋(ひったくらない家の主人奥様を含めた女性たちの空間で大門から一番内側に位置、家族たちの衣食住を専担する空間で家具類も衣服と寝具類保管のための収納用家具等が置かれた)
・祠堂(
先祖を迎える)
ヘンランチェ(召し使いたちが居住する)
・食客部屋とゴンノンバン(年寄りやお子さんが住む部屋)

韓屋の機能
・軒
軒は暑い日には太陽の光を阻んでくれて、雨降る日には雨が家の中に入って来ることを阻んでくれる役目をします。特に春・夏・秋・冬の四季によって太陽の位置が違って厚い夏は部屋に影がいっぱい入るように、寒い冬は部屋に太陽の光がいっぱい入るように、昼間の中でも朝・昼・夕方によって部屋に入る太陽の面積が違うように科学的に設計されています。
・基壇
韓屋を地面から1m程度はなれるようにし、夏に南西の方から吹いて来るじめじめした暑い風の地面から上って来る湿り気を阻んで、快適な生活をするようにしました。
・庭
韓屋はまた垣根中に大きい木を植えなく、庭先に芝生を植えませんでした。大きい木があれば家が陰気で虫も多くて衛生的にも心理的にも良くないからです。
家を明るくする方便で庭先に芝を植えなく、磨沙土を敷いて庭先に反射した陽光を室内に引き入れました。. すごく高級な間接照明方式です。たとえ直射日光が入って来ると言っても韓紙の部屋の門を透過しながら順化された柔らかい光が入ってきます。光のおびただしい照度差から来る視力の減退を阻むことができる知恵が韓屋にはあります。
・部屋の門と窓
綺麗な芸術性もあり、韓紙で作って空気がよく通れます。
・部屋の下紙
韓紙を敷いた後に豆油などを塗ってつややかにさせながら、防水の役目もしました。

韓屋の位置
北側(裏側)では山が阻んでくれて、南側(先方)では野原や小川が流れます。

気候と家屋の形態
気候は日常生活と密接な関連があり、雨がたくさん降る地域では屋根の傾斜が急で、乾燥した地域では傾斜が緩やかで、寒い地域では保温と防風のために壁を厚く、屋根を低くしてオンドルのような暖房施設を取り揃えた閉鎖的な家屋構造で、これに比べて暑くて雨の多い気候地域では通風のために開放的な家屋構造になっています。
・北部地方
寒い冬のために出来るだけ風が入らないように''の字の模様で家を建てて、壁を暑くし、窓を小さく造り、天井を低くしました。また、テチョン(大庁:
)がない家も多いです。
・中部地方
南部地方と北部地方の折衷型で、ハングル語の'
'の字の模様で家を建てました。
・南部地方
高温多湿な蒸し暑い夏の日を耐えるために風がよく通るように''の字の模様で家を建てて、、テチョン(大庁:
)が広く、窓も広い多いです。
・済州島
気温が年中穏やかなので暖房の必要性が少なく、穀食等を保管する倉庫役目をするゴパンイという珍しい空間があり、風が強いので藁葺き屋根の上に石を乗せて重石にしたりしました。
・鬱陵島
雪が多く降る地域なので、雪に備えてウデギという独特の家屋構造になって、くぬぎや松の木片などを利用して屋根を葺いたりもしました。


身分と家屋の形態
上流層住宅
屋根が造りの家がおおく、機能性と芸術性を考慮して作り、儒教思想の影響を受け、性別、年齢、身分により家の配置が違っています。子どもたちは生まれてからは母屋で生活し、7才くらいになると男の子はサランチェで、女の子はアンチェで生活します。
中・下流層住宅
萱葺きの屋根が代表的で、部屋、デチョン、台所という単純な造りをしています。


北村美術館
統故美術と現代美術を展示

ソウル特別市鍾路にある美術館で、統故美術と現代美術を一展示する空間で、ソウル景福宮と昌宮の間の統的な北村地域で20051月に開館しました。統故美術と現代美術を一にする展示空間として中美術品200点、韓現代美術品150点、朝鮮時代古文書2,500点等2,850余点を所しています。所品を土台で故美術と現代美術のテマ展示を企てて, 東アジアと文化交流を通じて国内外の力量ある作家を掘り出し、企展を推進しています。

北村文化センター
北村にする史の資料が展示
北村を探索する基点になる場所で、韓屋の建物の中には映像やミニチュアで北村にする史をえてくれる資料が展示されていて、映像資料は日本語の字幕もついています。無料で提供している小冊子(日本語あり)は、50ジもの充した容で散策するには必須です。また、国楽、書道、民画、ボジャギ、染色、工芸など多様な伝統文化講座を開いています。
北村韓屋村(プッチョンハノクマウル)は王宮である景福宮(キョンボックン)と昌
(チャンドックン)の間にまれた地域で、朝鮮時代には文官や武官、または(ヤンバン)という上流階級がほとんどでした。風水的に良い場所で、政治、行政、文化の中心地で、現在までも韓屋(ハノク)という統建築が時の面影を見せてくれます。北村韓屋村には韓にゆかりのある統文化や工芸をあつかった博物館美術館がたくさんあります

博物館
庶民の素朴な生活の民や魔よけのお守り展示
2002年門を開いた 嘉博物館は人間の生と念願が盛られている符籍と民画を集めて展示しています。こちらには250余点の民画と750点の符籍、150点の典籍類及びその他民俗資料250余点等総1,500点ぐらいの遺物が所長されています。
昔の庶民の素朴な生活を見ることができる民や魔よけのお守りを中心に展示されています。無料で出してくれる全羅道産のお茶をんで、側に座りながらこぢんまりとした庭を眺めれば、落ち着いた持ちになれるでしょう。瓦から拓本したどこかかわいらしいお守りも日本人光客に人です。

民画について
民画(朝鮮時代の民芸的な絵)は飾り場所と用途によって種類が違い。これを画目別に分類すれば花鳥翎毛図・魚蟹図・鵲虎図・十長生図・山水図・風俗図・故事図・文字図・冊架図・巫俗図などに分けられます。
民画分類
1.
花鳥翎毛図
民画の中で種類が一番多く、花と鳥を素材にする花鳥図が多いです。
花鳥島は梅・椿・つつじ・レンギョウ・楊柳などと鳳凰・おしどり・孔雀・鶴・つばめ・雀・鵲などを水や岩とともに描き、主に屏風に構成されて新婚夫婦の新婚さんの部屋または母屋の飾り用で使われました。富貴を象徴する牡丹花も単独で描いて結婚式の大礼屏でたくさん使いました。

2.魚蟹図
水中のふな・ナマズ・鯉・ふぐ・メダカ・亀・蟹・海老・貝を素材にした絵で、花と海草を添えて画いた場合が多いです。 主に若い夫婦の部屋飾りで使われ、鯉を朝日とともに描く場合は出世を祈る意味があってお祝い日のお祝い用で使われました。

3.鵲虎図
松枝に座っている鵲とその下で眺めながら笑うように座っている虎を素材にした絵です。守護神的な役目をした四神図の変形と見え、鵲は朱雀の変容で見られます。鵲虎図は雑鬼の侵犯や額を阻む一種の壁邪用で描かれたと見られます。
4.
十長生図
長寿の象徴である亀・松・月・日・鹿・鶴・石・水・雲・不老草を一画面に配置して飾り的に処理した絵です。
歳画で描かれ、還暦宴を飾る寿筵屏で使われました。

5.山水図
金鋼山や関東八景のような山河を素材で画いた実景山水と中国式山水で分けられます。屏風で構えられ、客室やサランバン(主人の居間)でたくさん使われました。

6.風俗図
耕作して機を織る姿を描いた耕織図と生まれて出世して死ぬまでの一生を描いた平生図、狩る場面を描いた狩獵図、日常生活の場面とか四季の風俗を描いた歳時風俗図などがあります。

7.故事図
故事と民話・小説などの内容を取りまとめて表現した絵で、教化用にたくさん製作されました。三国志・九雲夢・兎と亀話の絵などがあります。

8.文字図
字の意味と関係がある故事などの内容を字画の中に描いて書体を構成する絵で、寿または福の字を図式化した寿福図と孝・悌・忠・信・礼・儀・廉・恥を図式化した孝悌図は教化用に製作されて主に子供部屋を飾りました。このような文字図は革筆画と言う書体を中心に飛白図に変容されたりしました。

9.冊架図
本を中心した文房四友図や文房構図から来たので、本だけではなく本と関係ないさかずき・碁盤・煙管・団扇・かめは勿論で女スカート・花模様の靴まで描いてどんなに調和が成り立つかを表現した絵です。

10.巫俗図
山神や竜神を含めた巫教の多くの神さまと道教の色んな神さま、そして仏教の仏菩薩らを巫俗化した絵で、神党や巫子屋にかかりました。易者たちの占卜図・符籍図も巫俗図の一種です。


ハヌルムルビッ(空水色)伝統天然染色研究所
アトピー疾患を病んでいるお子さんに良い伝統天然染色服

最近伝統天然染色服が肌の健康に良いと知られながら関連した下着を含めて各種衣類商品が発売開始されています。これと共にアトピー疾患を病んでいるお子さんたちのために直接服を作るために天然染色を学ぶ主婦たちが増えています。伝統服式で非常に重要な部分を占める一般天然染色はもちろん伝統メドゥプ(結び紐)と閨房工芸を直接学んで体験ができるハヌルムルビッ(空水色)伝統天然染色研究所を運営しているホン・ルカ代表は天然染色研究する職人です。伝統メドゥプ(結び紐)匠人チョ・イルスン女史の息子で幼いごろから伝統纎維に関心が高かったホン代表は願う色を作るために直接糸を染色したお母さんを助けている途中天然染色の魅力に落ちこんだと言います。現代人たちは健康を守ろうと多くの努力をします。このおかげで徐々に忘れて来た天然染色がまた脚光を浴びるそうです。国立科学研究員の分析結果を見れば、各種の肌炎症を低下させる抗炎作用と水虫菌などをなくしてくれる抗菌作用、坑癌成分も発見されたそうで、韓国よりアトピー患者が多い日本では天然染色服に対する研究がもっと活発に進行され、染色素を抽出して研究し、治療剤成分を発見、抗癌剤を開発中と説明しました。

センオッチル(生漆)工房
アトピー疾患を病んでいるお子さんに良い伝統天然染色服

シン・ジュンヒョン氏、ソウル市無形文化財第1号が運営するソウル鍾路区安国洞にある工房で、事前予約で漆体験もでき、漆工芸品、祭器用品の購入も可能です。
シン・ジュンヒョン先生は漆の樹液を採取して木器や木工芸品に漆をします。今は私たちが食べるご飯やおかず器がプラスチックが多いが過去には富裕層は陶磁器、一般庶民たちは木でできたものなどが多かったはずです。陶磁器はとにかく木になった器は食べ物を盛っておゆを盛れば木がいたむようになるはず、先祖は木がいたまないで長い間使うように漆をし始めました。先生は仏像にメッキを加える前に漆をしてメッキを加えれば数百年は大丈夫と言います。
漆は中国が原産地で高さが7mほどになってその皮で抜いたチン()漆’といいます。漆チン()は色を加えるにも使われるが漢方では薬の材料で使ったりします。漆の液を利用して木器の寿命を守って製品を輝くようにすることが漆工芸です。漆は初めて塗れば黒い色ですがずっと上塗りをすれば赤色を帯びるようになります。漆をした次にはまたやすり紙で擦ってその上にまた塗る過程で一つの作品が作られます。

東林組糸博物館
 “組糸の名人から韓国伝統技法の組糸体験”

大量生産できない韓国伝統技法“組糸体験”お手軽コース!

すっかり近代化され高層ビルの立ち並ぶソウルの中心部に韓国の古き良き伝統と歴史が凝縮された小さな村“北村(プッチョン)韓屋マウル”があります。観光名所“景福宮”と世界遺産に指定されている“昌徳宮”の間に位置する北村には様々な歴史的遺跡や博物館が点在し、その多くはのんびり散策しながら見ることができます。また、北村には数々の伝統文化体験ができる博物館や工房などが点在しており、だいたい15分から2時間程度で体験できるコースを準備しています。小さな村を散策しながら韓国の歴史や伝統文化に触れ、実際に伝統文化体験もできる北村(プッチョン)韓屋マウルは、韓国を初めて訪れる観光客にもリピーターの方にもお勧めのスポットです!

今回そんな古き良き伝統と歴史を守り続けている北村(プッチョン)韓屋マウルにある“東林組糸博物館 동림매듭박물관 ドンリムメドゥプパクムルクァン”をご紹介致します。博物館内は、展示スペースと作業場が合体していて小さな工房のような雰囲気。ここ“東林組糸博物館”の館長シム・ヨンミさんは、現在韓国組糸連合会会長及び韓国工芸芸術家協会副会長職を兼ねています。20代前半、「組糸村」と呼ばれるソウルの光煕洞(クァンヒドン)に嫁ぎ“組糸の道”に入ったシム・ヨンミさんは、朝鮮宮中で組糸に従事していた伯母と舅からその技術を継承しました。その後も組糸の普及に尽くし、国内及びフランス、オランダ、ベルギーなどで作品展に参加しました。そんな「組糸の名人」と呼ぶべき偉大な先生シム・ヨンミさんが館長を務める組糸博物館で“組糸体験”ができます!

組糸体験では、組糸の基礎を学びながら携帯ストラップを作ります。所要時間3040分で、組糸が初めての方でも気軽に参加できるコースです。組糸の基礎から丁寧な指導を受けて、出来上がった作品は持ち帰れるうえに材料費も込みで5,000ウォンとは…なんて良心的なのでしょう。ほとんどボランティア並みの料金です!優しい手触りの組糸で作られた携帯ストラップは軽くて邪魔にならないので旅の記念品として長く愛用できそうです。3040分のコースで選択できるアイテムは携帯ストラップのみですが、カラーバリエーション豊かな色の選択は自由です。また、本格的な組糸を学びたい方には、毎週1回(1回あたり2時間)の組糸教室もありますので、留学生の方や在韓日本人の方にお勧めです。その場合、ネックレスやブローチなど上級レベルにチャレンジできます。

館内には昔の王族が使っていた衣装や伝統衣装ハンボクのコルム(前で結ぶ紐)に付けるアクセサリー“ノリゲ”、ネックレス、ピアス、髪飾り、ブローチ、メッセージカード様々な展示物があり、組糸体験をしなくても気軽に見学及び購入することができます。最近では残念ながら韓国の伝統的工芸品であってもコスト削減の為、中国産のものが大量に流通しています。しかし、ここ東林組糸博物館では、良心的な値段で韓国産ハンドメイドの工芸品を見学及び購入することができます。
また、ここ“東林組糸博物館”の位置する“北村(プッチョン)”は、あの“冬のソナタ”の人気ロケ地のある場所としても有名なのです。ユジン(チェ・ジウ)の実家やソウル中央高校などが位置する北村では、今でも沢山の日本人観光客の姿を目にします。近所には韓流スターグッズを売る小さなお店が点在し、“冬ソナツアー”のついでに北村を散策するという観光客も少なくありません。北村韓屋マウルを散策される際は是非、東林組糸博物館に足を運んでみてください。
嘉会洞北村韓屋村はヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。



関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.