ソジチォガトル「鼠池草家トル(庭)」 서지초가뜰

ソジチォガトル「鼠池草家トル(庭)」 서지초가뜰

ソジチォガトル「鼠池草家トル()
“毎年農閑期及び田植後に食べる食べ物”

江原道江陵市にある伝統韓食を専門にする専門飲食店で、ねずみ()が穀食を集めて保管する状態(模様)の地を称えて鼠池と呼んでわらぶき()にトル()で、ソジチォガトル’という相互を付けました。

数百年になった松林が鬱蒼な山道に付いて村の初入に立ち入れば田畑が開かれて 昌寧 曺氏 明肅公 宗家のお宅である伝統韓屋と美しいわらぶき一軒が目に入って来ます。毎年農閑期及び田植後に食べる食べ物を伝統方式どおり開発しました。
代表食べ物であるモッバブは田植の時に、野に出て食べる食べ物で動き手と家族を含んで7090人が食べた食べ物です。ジルサンは田植後の端午が終わって休息を取りながら農閑期に200余名の町内人たちが食べた食べ物で家ごとに一つ食べ物を作って来て動き手たちのための祭りを開きました。

また苗床に植える種もみを一部残してからジルサン食べる日に碎いてカボチャ・栗・柿皮・豆・ヨモギを交ぜて蒸して作るムンセンイ餠をシゾンジトックだと言います。特にみそ・コチュジャン・醤油などは家伝統方式でつけて、唐辛子・豆など農産物は直接栽培して食べ物材料で使います。

200余年の伝統を持った祭酒である松竹杜鵑酒は春に周辺の山のつつじを取って蜂蜜を交ぜてかめに入れて地に埋めた後、松葉・竹葉・こわ飯を入れてお酒をつけたことで宗家の気品が分かるお酒です。

ソジチォガトル「鼠池草家トル()」はヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。



関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.