加平プチ・フランス 가평 쁘띠 프랑스

加平プチ・フランス 가평 쁘띠 프랑스

加平プチ・フランス
総面積117357平方メートルに及ぶ広い丘に建物が白と茶色のレンガで統一された16軒の建物が地中海沿岸の村のような雰囲気で立ち並んでいます。プチフランス(Petite France)は小さなフランスを意味し、サンテグジュペリの『星の王子さま』の銅像もあります。150年以上前のフランスの民家を再建した住宅展示館、サンテグジュペリの作品を存分に味わうことができるサンテグジュペリ記念館、美しいメロディーが流れるオルゴールの部屋、虎鳴山と清平湖を見渡すことのできる3階建ての展望台などが見どころです。オルゴールの部屋では、フランスから持ち込まれた大型オルゴールが毎時間40分ごとに10分間鳴り響きます。
韓国の「のだめカンタビーレ」と言われるドラマ『ベートーベン・ウイルス』の撮影でも使われ、指揮者カン・マエ(キム・ミョンミン)の作業室、トゥルミ(イ・ジア)とカン・ゴヌ(チャン・グンソク)の初めてキスした場所もあります。また、ドラマの出演者全員のサイン、ドラマのワンシーンの写真も展示されています。
加平プチ・フランスはヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.