屏山書院 병산서원

屏山書院 병산서원

屏山書院
自然と調和した代表的な書院の建築美

屏山書院は、道学、文章、徳行、書に名をとどろかせ、嶺南の儒生たちの崇敬をうけた柳成龍の学問と徳行を追慕するために1613(光海君5)にこの地方の儒林が建てた書院です。 この書院の前身は、高麗時代末に豊山というところの豊岳書堂として豊山柳氏の教育機関でしたが、1572(宣祖5)柳成龍が現在の所に移して1863(哲宗14)“屏山という賜額を受け、書院として昇格した。
 
 1868
年興宣大院君(18201898)が書院撤廃例を下したときもその対象から除外された全国47院、安東2院のうちのひとつです。書院の前には洛東江が流れその向こうにある屏山がまるで屏風のようにこの書院を囲んでいて絶景です。
 
そして名前の由来もそこからきています。
 
境内には復礼門、晩対楼、東・西齋、立教堂、蔵板閣、尊徳詞など九棟の建物が屏山と洛東江とともに一つになって調和をなしていて、現在史跡第260号に指定されています。ここには柳成龍の文集をはじめ、各種文献1,000余種3,000余冊が 所蔵されています。
 
 
また、建築の視点から見ても、より深い情緒を作りあげた代表的な書院としてあげられるのが屏山書院。洛東江の流水と、その目前に向かい合う山の麓にある屏山書院は、中庭を中心に空間が広がっていくような造りで、周辺の自然と見事に調和し、卓越した建築空間を築き上げました
 
このような建築物は自然の中にそのまま溶け込んでいるように見え、建築物の中からはその自然が見渡せるように造られています。まさに、建築物と自然が一体となって建築空間を造りあげるのです。
 
ちなみに芸能人リュ・シウォンは柳成龍の13代孫にあたります


復礼門
書院の正門で、復礼門とは、『自分を下げて礼を尽くすのが仁』と言う、儒学の自分の節制精神が含まれています。
光影池
地を意味する四角の池の中に天を象徴する丸い島を造っています。
天円地方の思想に基づいで造りました。

晩対楼
休憩と講学の複合的な空間で利用され、屏山書院で一番綺麗な景色が見られる所です。
正面7軒、側面2軒で釘を使わない当時の建築技術、自然と調和した書院の代表的な建築美が感じられる空間です。横になって天井を見上げたらもっと感じやすいです!また、屏風のように広がっている山と川、そして建物とと自然の調和の景色をゆっくりたのしんでください。

東齋・西齋
学生たちの寄宿舎で、東齋は上級生、西齋は下級生が使い、それぞれの大きい部屋は団体が小さい部屋は現在の学生会長が使います。

立教堂
『教えを正しく立てる』意味で、先生が生徒を教える講学堂(明倫堂=現在の教室)と言います。
立教堂は中央は講学堂、東側は名誠斎(院長先生部屋)、西側は敬義斎(現在の教務室)の3部屋に分かれています。立教堂は敷地の中央に作られていて入り口の門が見通せるようになり、屏風のように広がっている山の景色を楽しみながら出入りの人を一目で分かるようになっています。
尊徳詞
書院の中でも北側に位置し、神聖な場所として朱塗りで出来て一般人の出入りを禁止しています。柳成龍とその第三子、柳珍の位牌が祭られています。
典祀庁
尊徳祠にお供え物をするときに準備する建物です。

蔵板閣
印刷する時に使う木版遺物を保管する所で、湿気を防ぐために板門を使用したのが特徴で、火事予防の為に独立した空間の一軒屋を建てています。

書堂と書院の違いについて
両方とも私学の教育施設ということは共通していますが、書堂は日本の寺子屋に当たり、子供が漢字の基礎である千字文から習う所で、書院は現在の中・高等教育に当たります。
また、大きな違いのもう一つは書院には先賢を祭る祭祀を行う施設(祠堂)があり、書堂にはないです。

面白い質問)
1.
朝鮮時代の貴族のトイレ&一般庶民のトイレはどう違うか?
2.
先輩は泊まる時に東西のどちらの部屋に泊まるか?
3.
書院建築と住宅建築の違いは?



関連ツアー
朝鮮文化探訪-儒教の村安東ベストツアー
韓国7世界文化遺産巡りと儒教の村安東34日ツアー

     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.