王仁(ワニ)博士遺蹟地  왕인박사 유적지

王仁(ワニ)博士遺蹟地  왕인박사 유적지

王仁(ワニ)博士遺蹟地
日本の飛鳥文化に大きな影響を与えた百済の「大学者」の王仁博士

王仁博士遺跡址の正門である百済門(百済人だったので)を入ると、左側に日本から献呈された王仁浄化記念碑があり、右側には展示館があります。また、若かった頃に学問に励んだという洞窟、弟子を教えていたという文山斎や養士斎、王仁博士飲んだ水の聖泉、沐浴をした聖川の川、王仁博士の肖像画と位牌を祀った王仁廟、王仁博士母子像、王仁博士の誕生図,学問傳授図、修学図,渡日図の絵画などが展示されている展示館、霊月館ビジターセンターには王仁塚など日本の王仁博士遺跡地図や百済時代の服装、王仁博士の一生の業績など各種の資料が展示されています。また近くに王仁博士の生まれた村もあります。

王仁(ワニ)博士
約1600年前の西397年に日本の第15代応神天皇(おうじんてんのう)が古代朝鮮3のひとつである百済の阿辛(アシン)王に百済の賢人を送ってほしいと依頼しました。それに応えて、百済の王が推薦した人物が、「大学者」の王仁博士でした。8才の時に文山斎に入門して学問に励み、18才で五経博士に登用された、王仁博士は専門易学にも精通していました。の王仁(ワニ)博士は『論語10』、『千字文1冊』のほかに、陶磁器を焼く陶工金属をきたえて加工する鋳物(いもの)師、瓦を焼く職人など、45人の技術者を率いて日本に渡来しました。王仁博士の学問は認められ、大和朝廷に重用され、儒教や論語共に千字文を伝え、技術工芸を伝授しました。また聖徳太子の師となって漢字と仏教を伝え、日本人に文字や技術はいうまでもなく人倫もえました。日本の飛鳥文化に大きな影響を与え、飛鳥文化を完成させた人物として称えられています。


博士
五経博士とは、即ち、易、詩、書、禮、春秋に通達した人であり、五博士の制度は漢の武帝の時代にする。当時、日本において者を示す「博士」は百などの三からの渡者に限られていた。
: 春秋時代の中国最古の詩集
・書経 : 中国・尭舜から周までの政事を孔子が収集編纂した本
経 : 周の初に失われた占筮に関する本(儒教の経典)
・春秋 : 中国・魯の歴史書
・礼記 : 周末から秦漢時代の儒者の古礼に関する本

千字文

千の異なった漢字四語による250句の詩で形成されている。
一文字の重複もなく見事な韻で
み上げたもので、「親戚故(親戚者や古くからの知り合い)」「建名立(がたしかに定まれば名も上がる)」などの熟語が並んでいる。
千字文は基本的な漢字1,000字を集めた調子のよい漢文の長詩となって、子どもに漢字を教えたり、習字の手本にしたりするために用いられた。


「難波津の歌」歌碑

「難波津(なにわづ)の歌」は、王仁博士が、地の氏神御幸森天神宮の御祭神である仁天皇の即位を、春の到になぞらえて詠んだものといわれている。
在日コリアンの最大集住地、大阪
生野(猪飼野地域)にある御幸森天神宮境に、地域の史の象、また生野の新名所とするため、和文ハングル文を記した「難波津の歌」歌碑の建立しました。
ハングル書体の原本は長さ約38センチ、幅約15センチの和紙の掛軸に、流麗な筆致で墨書されている。
春の訪れと使節の訪日を祝って、この歌を通信使の一行に贈ったとされる。朝鮮通信使の
究家故辛基秀氏がこの歌を世に紹介してから、一般にも知られるようになった。

「四天王寺ワッソ」祭り
日本の大阪では年11月3日に「四天王寺ワッソ」祭りが行われる。1990年から始まった祭りは、王仁博士をはじめ日本へ文物をえたいわゆる「渡人」を再現した仮装行列だ。行列が大阪の繁華街を練りいて四天王寺に至るまでの間、色とりどりの古代衣装を身につけた4000人余りの加者と、沿道を埋めくした40万の人は、一に「ワッショイ」という掛けする。この掛けは「ワッソ(ました)」という韓語が語源というのが通だ。

「古事記」の文献による王仁記録

「古事記」の神天皇1516年のに、「阿直岐(あちき)はよく書をんだ。そこで、皇太子菟道稚子(うじのわきいらつこ)の問の師とされた。ある時天皇は、阿直岐に「あなたより書に詳しい優れた者は他にいるか」と問うた。阿直岐は「王仁という優れた人がいます」と答え、(天皇は)王仁を招き、菟道稚子の師にした。」という記事がある。

「日本書紀」の文献による王仁記録

「日本書紀」には、「神天皇が百に使者を遣わして日本に迎えた。渡後、皇太子の師として典籍をえた」

日本紀」の文献による王仁記録
日本紀」には、「また百済国にも「もし賢人がいれば」とおおせられた。それを受けて命令を受けたのが和邇吉師(わにきし)である。彼は論語十、千字文一せて十一ととともに(日本へ)贈られた。」とあり、「王仁の子孫が文首(ふみのおびと)である西文(かわちのふみ)氏となった。」という。

「古今和歌集」の文献による王仁記録

「古今和歌集」には王仁の歌として「難波津に くやこの花 冬ごもり 今を春べと くやこの花」というのがある。この歌は、難波京で即位した仁天皇への歌であるとされているが、「くやこの花」という表現や、大阪市此花というのはこの歌からている。


関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.