イ・ボンジュ方字鍮器(真鍮製の器)博物館

イ・ボンジュ方字鍮器(真鍮製の器)博物館
イ・ボンジュ方字鍮器(O-157も怖がる毒性をなくし、磨くほど輝く鍮器がある
方字鍮器は鍮器合金の一種として正確に78%22%た韓国特有の金属技法です。鋳物鍮器とは違い正確に合金された真鍮を火に焼いて叩くのを()を繰り返して薄く延ばして形態を整えて行く技法です。こんな技法で作られた方字鍮器は曲がるとか割れなく、比較的変色されないのみならず使うほどつやめく長所があります。方字の意味は叩く事を表し、大鍮器とも呼ばれています。
方字では
()方字に隠されたもう一つの神秘は現代金属学者たちが世界的な特許とほめたたえる金属技法です。方字はの合金である青銅製品で、現代金属工学ではの合金体からの割合を10%以上越さないように勧めています。の性質自体が割れやすいからこれを過ぎれば食器としての機能をすることができないということが通説です。しかし先祖たちは22%までまじた方字を使って来ました。現代科学は決して理解することができない方字のこのような神秘がみられます。
食欲をそそる、毒性をなくす、磨くほど輝く方字鍮器で先祖の知恵がみられます。
鍮器手入れも保管も気難しい伝統器ですが、 食品の農
成分を感知し、食中毒菌さえ撲滅し、食べ物を新鮮に保管します。実際に実験でO-157入れてみたら消えて見えなくなって鍮器が黒色に変わる事も見られたそうです。
博物館は地方に売り場はソウルにもあります。

     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.