「韓国の美をたどる旅」韓国の各分野の代表匠人12人の他の色んな方々

「韓国の美をたどる旅」韓国の各分野の代表匠人12人の他の色んな方々

「韓国の美をたどる旅」韓国の各分野の代表匠人12人の他の色んな方々

1.名人シン・クァンス茶院
“高麗時代の最高の緑茶‘勝雪茶’は250700年樹齢の野生茶で作ったお茶

名人申光洙のは汚染源がない清浄地域の15万坪の茶院で、茶の木の生育に一度も肥料や農を使わないで自然農法で栽培管理して立農産物品質管理員から有機農産物品質認証を受けました。お茶の葉を採取して40余年の経歴の中で悟ったノハウとあらゆる心をつくして加工生産します。世界3大名茶をインドのダズルリング茶、スリランカのウバ茶、中武夷茶と言いますが、その共通点は茶畑が高山地にあるという点です。名人申光洙茶畑も高山地に位置し、国内最大規模を誇る野生竹露茶畑3万余坪(茶の木樹齢300余年)も保有しています。

高麗時代から最高の緑茶と言われる雪をくぐって出た勝雪茶は250700年樹齢の野生茶の木からお茶の葉を採取して作ったので、茶のと五味が一杯で自然を感じることができ、身に染みこむ感じを持つという評を受けています。

全羅南道の順川地域は山と水が奇妙できれいで、気候風土が良くて良質の茶が生産される所として朝鮮時代の本にも収録され、特に雀舌茶は順川産が一番良く、次が辺山だ'という内容も見られます。
彼は茶の真香と五味は根深い茶の木から出るもので、深い地の中の純
気を芽を開かしたお茶の葉製茶法を悟った人の手で作ったお茶ほんとうの自分の生命があるお茶と信じています。

僧侶は何故、雲のように '捨てて去ること'をするのか、その深い心中が分かってくるそうです。

所有して生きて行くということは苦痛の連で、生の中で苦痛を捨てるということは生を捨てるということと彼は言います。

 

名人申光洙茶が有機農茶で日本有機農林規格(JAS)を獲得しました。

JASは日本農林水産省で際食品規格(codex)を基礎にしたことで存製品の品質のみを認める制度とは違い生産工程管理者及び管理組職を象ですべてのシステムを認めてくれる制度です。
名人申光洙茶は技術的基準のみならず人跡要素及び環境要素まで審査する難しい過程をパスして製品の安全性と優秀性を証受けるようになったと明らかにしました。


2.
古家具博物館長チョンミスク
国伝統木家具鍮器甕器類など2,000点展示

木家具を集して展示する門博物館で、木家具鍮器類甕器類など2,000点ぐらい展示しています。韓木家具を中心に鍮器甕器などの統暮し向きを展示する門博物館です。所品を種類別(母屋台所サランバン)、材料別 (の木、銀杏の木、竹の木、松ノ木、紙)、地域別で分類して展示しています。

3.
吉祥寺ジョンリム僧侶
“事毎に精進して、他人達とは違う人になれるよう努力して”

何が正しくて何がいのかはその基準が何かによってわります。私が正しいと思うことは私が正しいと信じることを根にします。ところで根や基準になること私が正しいと信じること’はどうして正しいことだろう? それの根やはり私が正しいと信じる他の根のためです。とんなにぼってもその出点はやっぱり私が正しいと信じること’です。結局私の考え、私の信が私が正しいと判する根になっているのです。すなわち私の正しいことは私が正しいからだ”と言うわけです。これを仏教では我相と言います。
お釈迦様の
言葉通り正見を立てることは私の見解を正しいと立てるのではなく反にそれを下ろすのです。私は正しい’と言う考えを下ろす時に私たちは他の考えに耳を傾け、他の判、他の値に心を開くようになるからです。それでこそ何が正しいかを私の基準を去って判することができ、それでこそ何が正しいかを正しく判することができるからです。我相’を捨てること、あるいは無我が般若を意味することはこんな理由からです。

 

4.ジェジョン茶家(サンバラギ)
統茶文化体験と茶院・食事宿泊施設

統茶文化と茶院、サンバラギは食事宿泊施設まで揃っているペンションのような所です。
近くに谷のい水があっていつも水遊びが可能で、老姑壇と茶院で統茶道節体を通じる茶の香りをしみ、一番質のよい求豆で作った手作り豆腐、茶納豆、茶で熟成させたヤギ、炭火きなどの食べ物も一しむことができます。近くに野生茶畑があり、山茱萸村に位置しています。


5.
国立中央博物館官長チェ・クァンシク
“博物館を誰もがよく尋ねてくる大衆化された文化空間に…”

1953
年ソウルで生まれ、中央高を卒業したソウルっ子です。また高麗大史学科を卒業し、高麗大大学院で博士学位を取得した後高麗大教授で在職、高麗大博物官長を9年目引き受けるなど韓国古代史・高句麗史を主に研究しました。

古代史学会長を含めて各種体長を任し、活外活動をするスタイルで立中央博物館にも新しい活を吹きこめることで期待されています。とくに博物館を誰もがよく尋ねてくる大衆化された文化空間に造りたいといっています。

6.
料理研究家ギム・ウェスン
365日美味しく楽しめるお膳

各種雑誌と社報、放送を通じて料理をお目見えしている料理研究がギム・ウェスンさんは故郷が慶尚道海辺であるわけに魚はもちろん干魚などを活用した料理を楽しんで作っています。このごろ黄太(棒だら)が出盛りのだけにスープで, 煮物でよくして食べるのに黄太(ファンテ:棒だら)を活用して子供のおやつを作って人気を呼びました。また、全国の美味しい食堂、食べ物の産地に詳しく、各種伝統料理に詳しいです。
ギム・ウェスン氏は
料理研究家でソウル保健大正統料理科を出て東京料理学院講師に在職しました。現在メニューパンドットコム料理サイトで講義しています。また、料理教室クデプと幤帛食べ物専門‘ボドルドングリ’を運営中です。


7.
永川銀海寺(百興庵デジュン僧侶 、雲浮庵ブルサン僧侶)
“一本道の向こうにある銀色の世界が海のように幾重にも広がっている(一道銀色世界 如海重重)

新羅王朝第41代王の憲徳王1(809)に恵哲国師が海眼坪に創建した寺院で、海眼寺から朝鮮12代の王である仁宗の胎室を封じて銀海寺の歴史は始まっています。
仏、菩薩、羅漢の姿が銀色の海が波打つ極楽浄土のようだとして銀海寺と名付けられました。

大雄殿に、阿弥陀仏の脇侍仏で観世音菩薩像と大勢至菩薩像を奉安しています。

境内には大雄殿、宝華楼など10数棟の堂宇が並んでいます。
名筆の秋史金正喜が書いた懸版「銀海寺・宝華樓・十笏方丈・一炉香閣・柱連・仏光」、「大雄殿」だけは秋史金正喜の父親の作品、居祖庵は本来銀海寺の本寺で、素朴で簡潔に建てられた木造建物で、内部に500羅漢が祭られている霊山殿、尼僧の庵で華麗で躍動感の溢れる大坐須弥壇がある
百興庵(宝物の極楽殿と極楽殿須彌壇がある)、金将軍が修道しながら飲んだと言われる将軍水、青銅普薩坐像が祭られた雲浮庵、散歩路にふさわしい寄寄庵があります。

新羅時代の僧侶、真表律師は銀海寺を見て、「一本の道の向こうにある銀色の世界が海のように幾重にも広がっている(一道銀色世界 如海重重)」と語っています。
有名な銀海寺出身僧侶として
新羅時代の仏教の新しい場を開いた和諍国師元曉と海東華儼宗の初祖である義湘大師、高麗時代には現在曹渓宗の宗祖である仏日普照国師 知訥、三国有史を著わした普覚国師 一然、最近では性徹僧侶もこちらで修道しました。

雲浮庵711年に義湘大師が創建、千年の前の創建当時にめでたい雲が起きたことに因んで雲浮庵呼ばれ、面壁参禅(壁を向けて座って修道する方法)する修道方法を通じて俗世間のすべての栄辱を浮き雲に比喩して自らが解脱の境地に至ろうとする僧侶たちの戒銘かも知れないです。
中岩庵

一名ドルグモン(穴が開いた石)お寺と呼ばれる中岩庵は三国を統一したキム・ユシン(庾信)将軍が修練した所です。三歳になった子供が振っても搖れるというゴンドルバウィ(揺れる岩)、晩年を暮したという万年松、韓国で一番深い解憂所(お寺のトイレ)、などが有名で奇岩怪石が秀逸な景色も自慢です。将軍水はキム・ユシンが十七歳の時、修練しながら飲んだとことから付かれた名前で味が非常にすぐれた石澗水です。
このお寺には
に縛られた伝説が一つあり、昔にこの泉から庵にいらっしゃる僧侶のため、毎日ひとり前の米が出たと言います。ところである日泉から米が出ることを目撃した山賊が欲が出て僧侶を殺して穴を大きくくぐったら米代わりに血がほとばしながら石風が吹いて山賊を即死させたといいいます。


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.