默溪書院 묵계서원

默溪書院 묵계서원

默溪書院
“我家には物がない、あったらがあるだけだ「吾家無 物惟白」

“我家には物がない、あったらがあるだけだ「吾家無 物惟白」という遺訓をした宝白堂学徳えるために後日、默溪書院が建てられました。
默溪書院は安東の25個の書院の中の一つで、朝鮮成宗の時、副提学(朝鮮時代に弘文館に置いた正三品の官職)を勤めた宝白堂 金係行先生と世宗時代、司憲府掌令を執り行なった凝渓 玉沽先生を奉享した書院で、1687(肅宗13)に創建されました。こちらも興宣大院君が1869(高宗6)に下った書院撤廃領’で自由ではなかったので、その時から祠堂は消えて講堂だけ残っていている途中1998年子孫たちが力を加えて修復しました。真ん中の6間を床で構えて左右に部屋を入れた中堂夾室型です。

ヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。

関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.