麟蹄木工芸ギャラリー 인제 목공예 갤러리

麟蹄木工芸ギャラリー 인제 목공예 갤러리

麟蹄木工芸ギャラリー
歳月の経つほど気品が感じられる自然に似ている木工芸ギャラリー

鬱蒼な山林からの豊かな木器素材で南原とともに大韓民国の木工芸の両大山脈を成して来た麟蹄郡は 70年代以後、復古風の芸術的流行でもう一度その魅力を見せようと努力しています。そして200512月ハヌルネリン麟蹄木工芸ギャラリーを 開館しました。
江原道麟蹄の美しい自然景観を背景で素敵に席を取った木工芸ギャラリーから不慣れなつち音が聞こえてきます。この音は作業場から聞こえる音で、展示場をから開放されている仕事部屋に至るまで作業を進行する全過程が見られます。仕事部屋には何人の作家たちが集まってたたいて整える作品製作に沒頭します。
木工芸ギャラリーは麟蹄郡で活動中の木工芸家18人が一緒に集まって作る所で、個人作業と共同作業を竝行して招請講義も行われ、作品に対して討論するなど多様な活動を進行しています。木工芸の大衆化とその優秀性を知らせようと作られた木工芸ギャラリーは現在は麟蹄郡民のための所として利用されています。各種工芸大会で良い成果を出しながら木工芸作家たちだけではなく麟蹄郡名前を対外的に知らせる良い機会になりました。

こちら作家たちは個人の大きい出さずにギャラリを含めた麟蹄郡全体が芸術村になるように願っています。 客の感じを大事に思って、彼らと相互交流することができる場になるのを願っています。人間の最後の慰安先である自然でえられた環境を保存して魂をつくして作品に臨む人の手ふれが美しく、作品と作業姿だけでなく、ギャラリから見える麟蹄郡の素敵な景まで一に鑑賞できる木工芸ギャラリは自然に似ていて、 自然を感じることができる所です。

ヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」にも紹介されました。


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.